ビザスク

ビザスク

社外役員マッチング「ビザスクboard」を新たに提供開始 ~女性、グローバル、DX…多彩な社外知見を経営に活かす〜

2020.12.21

株式会社ビザスク(以下、当社)は、「知見と、挑戦をつなぐ」をミッションに、国内外12万人超が登録する日本最大級のナレッジプラットフォームを運営しています。このたび、豊富な業界・業務の経験をもつ方々の知見を経営に活かす新サービスとして、社外取締役・社外監査役を企業にマッチングする「ビザスクboard」を新たに提供開始いたします。



◆サービス開始の背景
当社は、新規事業やR&D、DX推進など様々な取り組みに、「その道のプロ」である個人の知見を活用する「スポットコンサル(1時間からのインタビュー)」サービスを提供しており、すでに70,000件超(2020年9月時点)のマッチングを達成しております。
1時間からの「スポットコンサル」をフルサポートマッチングする「ビザスクinterview」を軸に、BtoB Webアンケート調査「エキスパートサーベイ®️」、新規事業創出支援サービス「ビザスクproject」など、ニーズに合わせた様々な知見マッチングサービスを開発してまいりましたが、昨今、社外知見に対するニーズの新たな潮流として「社外役員との議論」があります。
「ビザスクboard」は、高まる社外役員へのニーズに特化して、社外役員の候補者を紹介し、マッチングする新サービスとなります。

・コーポレート・ガバナンス改定でも求められる社外取締役によるガバナンス強化
20年7月に閣議決定された「成長戦略フォローアップ」では、社外取締役の質向上などの論点を含めた「企業統治指針(コーポレートガバナンス・コード)」を21年中に改定するとされており、「取締役会に社外人材をより多く登用し、管理職も一段と多様化するよう経済界に求める。」(出典:日本経済新聞20年12月9日)とされており、より多様な視点を企業経営に取り入れることが求められています。

・DX推進における社外取締役の重要性
経済産業省は『「DX 推進指標」とそのガイダンス』(19年7月)の中で、「データとデジタル技術を活用したビジネスモデルの変革に関する十分な知見や問題意識を有する取締役を(少なくとも一名)選任しているか」を評価項目の第一とする『DX推進における取締役会の実効性評価項目』を策定しています。

・ダイバーシティ推進における社外取締役の重要性
『取締役会構成とダイバーシティ』(三菱UFJ信託銀行 20年6月刊行)によると、グローバルの機関投資家を主体とする組織であるICGN(International Corporate Governance Network)では、「取締役会には、効果的な牽制や議論、客観的な意思決定を行うことが可能な関係分野の知識、独立性、能力、業界経験など十分な多様性を備えた取締役が配置されるべきである。」としています。

このように社外取締役への役割が求められる中で、国内外12万名を超える当社の知見データベースには、既に以下のような社外取締役として適任な方にご登録いただいております。

ー上場企業役員経験者
ーDX推進人材(AI/CTO経験者など)
ー上場経験を有するスタートアップ人材
ー大手企業の幹部経験者(女性含む)

「ビザスクboard」は、上述のような社会的情勢に応じ、企業に対して適切な社外取締役や社外監査役を完全成功報酬型でマッチングするサービスとなります。

◆当社にご登録いただいている社外取締役/社外監査役 候補者例

筒井 高志氏
1974年、野村証券に入社し、アナリスト、機関投資家向け株式営業、グローバル人事、金融テクノロジー、インベストメントバンキング業務に携わり、野村ホールディングス、野村証券の役員を歴任。その後、3年半のジャスダック証券取引所社長を経て、LIXILグループの大変革に7年間取締役、執行役副社長として参画。現在は日本ペイントホールディングスにて社外取締役、ロゼッタにて顧問を勤める。
2020/9 – 現職  株式会社ロゼッタ / 顧問
2018/3 – 現職  日本ペイントホールディングス株式会社 / 社外取締役
2017/1 – 現職  龍樹コンサルティング / 代表
2014/4    株式会社 LIXIL / 取締役副社長執行役員兼 Chief External Relations Officer
2011/4    株式会社 LIXIL / グループ取締役副社長執行役員
2005/6    株式会社ジャスダック証券取引所(現株式会社日本取引所グループ)/ 代表取締役社長
2003/6    野村證券株式会社 / 専務執行役
2002/6    野村ホールディングス株式会社 / 取締役
1974/4    野村證券株式会社(現野村ホールディングス株式会社)入社

中川 有紀子氏
商学博士(慶應義塾大学).
1988年、三井信託住友銀行に入行以降、日米企業(銀行、証券、重電、電子部品、食品)にて25年以上、一貫してグローバル人事実務に携わる。グローバルPMI(企業買収後の統合実務)に3回従事。フルタイムで働きながら研究活動を続け論文執筆。2016年からは立教大学大学院ビジネスデザイン研究科(MBA)教授に就任。現在、日清食品ホールディングス株式会社、イワキ株式会社で社外取締役を勤める。ルネサスエレクトロニクス株式会社、株式会社エディオンにて社外取締役経験。
2020/11-     イワキ株式会社/社外取締役
2019/06 – 現職   株式会社日清食品ホールディングス / 社外取締役
2018/3 – 2020/3  ルネサスエレクトロニクス株式会社 / 社外取締役
2018/6 – 2020/6  株式会社エディオン / 社外取締役
2016/04 – 現職   立教大学大学院 / ビジネスデザイン研究科 / 教授
2010/01 – 現職   慶應義塾大学 / 産業研究所 / 研究員
2015/01 – 2017/12  株式会社Mizkan Holdings / 人事部長
2011  - 2014   株式会社ワコム / グローバルHR部長
2002/01 – 2011/04  GEエナジー / 人事部長1988/04 – 1994/01 三井住友信託銀行株式会社 / Chief International Planning Div.

小早 康之氏
トヨタ自動車株式会社にてエンジン生産ライン立ち上げに携わったのち、MITへのMBA留学を経て、レクサスの商品企画、テスラモーターズとの連携業務、次世代環境車両の戦略などに携わる。2014年にシリコンバレーに赴任しToyota Research Institute設立に従事。2017年、Toyota AI Venturesを設立。2020年2月にトヨタを退職し同3月、「空飛ぶタクシー」事業を手がけるシリコンバレーのJoby Aviationに転職。
2020/03 – 現職     Joby Aviation / Strategic Business Relationship Lead
2019/10 – 2020/02    Toyota AI Ventures / VP of Corporate Development and Liaison Partner
2016/06 – 2019/06    Toyota Research Institute / Chief Liaison Officer
2014/07 – 2016/05   Toyota Motor North America / Toyota Ventures Silicon Valley Office / Corporate Manager
2007/08 – 2014/06   トヨタ自動車 / 商品企画部、他 / 主幹
1997/10 – 2005/06   トヨタ自動車 / エンジン生技部 / 主任

◆ご利用の流れ
〇社外取締役/社外監査役の選任を検討される企業
1.ビザスクboard:https://visasq.co.jp/service/board からお問い合わせください。
2.ビザスク担当者によるヒアリング
3.候補者のリストアップ
4.候補者との面談
5.企業様にて候補者を決定
6.企業様の株主総会で選任決議(その後、就任により当社に対する成功報酬が発生)

〇社外取締役/社外監査役としてご活躍いただける個人の方
社外取締役/社外監査役としてご活躍いただける個人の方は、以下URLからご連絡ください。
 ご登録用URL:https://visasq.svy.ooo/ng/answers/0bfa623346f6ee5d6a49fc6dd9dd2c/

◆「ビザスクboard」開発における、当社CEO端羽英子の思い
今年3月の当社上場以来、地方大手製造業、東証マザーズ上場ベンチャー、スタートアップと、私自身も社外取締役のご相談をいただき、社会の社外役員ニーズの高まり、多様性への期待を感じています。一方で、社外取締役は責任も大きい反面で自分自身の経営力も高められ、本業に活きる経験になるだろうと興味を持ってはいるものの、事業領域、本社所在地、求められる役割と、価値発揮できるであろう領域などのミスマッチから、いただいた機会をお受けするに至っておらず、「人づて」の限界を実感しております。当社の最大の価値である、国内外12万人超の知見データベースとテクノロジーを活用したマッチングで、高まる社外取締役/社外監査役ニーズに応える新サービスが提供できるのでは、と考え「ビザスクboard」の開発に至りました。


株式会社ビザスク
「知見と、挑戦をつなぐ」をミッションに、世界中のイノベーションを支えるナレッジプラットフォームを運営。国内外12万人の知見データベースを活用し、新規事業開発における業界研究やニーズ調査、人材育成、グローバル進出等、様々な課題の解決に、テクノロジーと高度なオペレーションで個人の知見をピンポイントにマッチングしている。第4回「日本ベンチャー大賞」経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞。経済産業省より「J-Startup企業」に選出される。2020年3月10日、東証マザーズ上場。

会社名:株式会社ビザスク
所在地:〒153-0042 東京都目黒区青葉台4-7-7 住友不動産青葉台ヒルズ10F
設立日:2012年3月19日
代表者:代表取締役CEO 端羽 英子
事業内容:スポットコンサル事業、新規事業創出/組織開発に関するコンサルティング
証券コード:4490(東証マザーズ)
U R L :https://visasq.co.jp/

【本リリースに関する報道関係のお問い合わせ】
株式会社ビザスク 広報:小川
03-6407-8405 / 070-5458-5171
pr@visasq.com