ビザスク

ビザスク

ビザスクが支援する東芝「みんなのDX2021」の最終発表会が開催される 〜2期連続「ビザスクproject」が活用され、通過案件数が大幅増加〜

2021.12.15

株式会社ビザスク(以下、当社)は国内外40万人超が登録するグローバルなナレッジプラットフォームを運営しており、社外人材が持つビジネス知見のマッチングにより新規事業創出を包括的に支援するサービス「ビザスク project」を提供しております。
このたび「ビザスクproject」のご提供を通じて当社がご支援する株式会社東芝(以下、東芝)の新規デジタルビジネス創出提案制度「みんなのDX2021」の最終報告会が開催されました。本制度及びご支援の概要をお知らせいたします。



■ビザスク projectについて
「ビザスク project」は、当社の有する国内/海外あわせて40万人超の知見データベースを活用した、新規事業創出支援に特化したサービスです。当社は、顧客企業の新規事業提案者と新規事業創出を推進する事務局の双方に伴走しながら、ワークショップや勉強会講師・スポットコンサル・メンタリングを適切なタイミング・内容でご提供するとともに、新規事業創出にあたり必要な知見を持つアドバイザーをマッチングすることで、新規事業創出を包括的に支援いたします。

当社は、2020年4月より、東芝の新規デジタルビジネス創出プロジェクト「みんなのDX」を2期に渡ってご支援しております。本年9月には「みんなのDX2021」の最終発表会が実施され、多数の応募の中から10件の事業アイデアが発表され事業化に向けて動き出しました。

■東芝の新規デジタルビジネス創出の取り組みと「ビザスク project」活用の狙い
東芝グループは、永年に亘り製造業として培ってきた幅広い事業領域の知見や実績と、情報処理やデジタルやAI技術の強みを融合させ、世界有数のサイバー・フィジカル・システム(CPS)テクノロジー企業を目指しています。 従業員が新規デジタルビジネスのアイデアを発表するピッチ大会を2019年度から継続して実施しており、デジタル領域の新規事業開発を目指しております。プロジェクト実施にあたり、アイデアの創出、および、新規デジタルビジネスアイデアの事業化への精度向上を図るべく、社員向けのサポートプログラムとして、2020年4月より「ビザスクproject」を活用されております。

社外から定期的に知見やアドバイスを取り入れることで、東芝グループ従業員の見聞を広げ、事業を客観的に把握しながら事業計画策定までのブラッシュアップを促進する狙いがあります。

■2期目ご支援のポイント
当社が東芝へ提供したサポートプログラムとしては、外部講師を招いたセミナー/ワークショップ、スポットコンサル(1時間のインタビュー)、メンタリング(新規デジタルビジネスアイデアに対しての定期的なディスカッション支援)、案件特性に合わせた専門領域のパートナーによる支援等です。1期目の支援に加えて、セッション内容及びメンター体制を強化し事業計画策定に向けたバックアップを整え、スポットコンサルは通過案件のほとんどが複数回実施することで顧客課題の特定から事業としての妥当性を図るための仮説検証を強化しました。

■ビザスク担当者より:東芝様の新規事業創出と社外知見活用について
1期目(2020年)の実施から得た経験を踏まえて、2期目は、メンタリングとスポットコンサルをより高速に回すことで仮説検証のサイクルを強化し、事業計画を仕上げることに注力しました。社外のメンターが複数名入り客観的視点を取り入れることで、どちらの案件も然るべき仮説検証を何度も重ね、短期間で説得力のある事業計画まで落とし込むことができたといえます。また、初めて提案制度にチャレンジする案件もあった中で、事業開発推進に伴って必要な基礎知識をインプットするようなセッションを通して、スキルの習得に繋げました。
提案制度としての仕組みをしっかり整え、様々な場面で社外知見を活用することで、新規事業創出に向けて大きな成果を出された取り組みといえます。当社としましては、この度通過された10件のアイデアが本格的に事業化に向けて推進できるよう、引き続きご支援して参りたいと存じます。

【ビザスクprojectに関するお問い合わせ】
株式会社ビザスク 法人事業部
MAIL:ind@visasq.com

株式会社ビザスク
「知見と、挑戦をつなぐ」をミッションに、世界中のイノベーションを支えるナレッジプラットフォームを運営。国内外40万人超の知見データベースを活用し、新規事業開発における業界研究やニーズ調査、人材育成、グローバル進出等、様々な課題の解決に、テクノロジーと高度なオペレーションで個人の知見をピンポイントにマッチングしている。2019年、2020年の「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」を連続受賞する。2020年3月10日、東証マザーズ上場。

・会社名:株式会社ビザスク
・所在地:〒153-0042 東京都目黒区青葉台4-7-7 住友不動産青葉台ヒルズ9F・10F
・設立日:2012年3月19日
・代表者:代表取締役CEO 端羽 英子
・事業内容:ビジネス領域特化の日本最大級(※)のナレッジプラットフォーム の運営、新規事業創出/組織開発・支援 (※アドバイザー数において(40万人超 2021年11月時点))
・証券コード:4490(東証マザーズ)
・URL:https://visasq.co.jp/

■ 本リリースに関する報道関係のお問い合わせ
株式会社ビザスク 広報:小川
MAIL: pr@visasq.com