ビザスク

ビザスク

「日本スタートアップ大賞2022」審査委員会特別賞を受賞いたしました

2022.06.04

株式会社ビザスク(以下、当社)は「知見と、挑戦をつなぐ」をミッションに掲げ、国内外46万人超が登録するグローバルなナレッジプラットフォームを運営しています。この度当社は、「日本スタートアップ大賞2022」の審査委員会特別賞に選出いただき、2022年6月2日の表彰式で表彰をいただきました。



日本スタートアップ大賞について
次世代を担う若者や起業家のロールモデルとなるような、社会的インパクトのある新事業を創出したスタートアップを表彰することにより、積極的な挑戦の重要性や起業家への評価を浸透させ、社会全体のチャレンジ精神の高揚を図ることを目的としています。なお、本大賞は、2015年から実施の「日本ベンチャー大賞」を本年から改称したものです。
日本スタートアップ大賞2022 パンフレット

首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202206/02startup.html

METI
https://www.meti.go.jp/press/2022/06/20220602002/20220602002.html

表彰式には当社取締役グローバルCSOの瓜生、Coleman Research Group Inc. CEOのKevin、当社メンバーで参加し、岸田総理に当社事業に関してご説明の機会をいただきました。



当社CEO・端羽のコメント
この度は、このような栄えある賞をいただき、誠にありがとうございます。
昨年、自分たちより大きなサイズの米国企業を買収し、現在「世界で一番のナレッジプラットフォーム」を目指しております。今回、この挑戦をご評価いただいたと聞き大変嬉しく思っております。
まだまだ海外調査に対してハードルの高さを感じる企業も多くいらっしゃいますが、日本語で日本の人から得られる知見だけが全てではありません。私たちは、今後とも当たり前にあらゆる地域から最適な知見を手に入れられる未来を目指し、世界の知見に手が届くようなサービスを作ってまいりたいと思っております。

■ 株式会社ビザスク
「知見と、挑戦をつなぐ」をミッションに、世界中のイノベーションを支えるナレッジプラットフォームを運営。国内外46万人超の知見データベースを活用し、新規事業開発における業界研究やニーズ調査、人材育成、グローバル進出等、様々な課題の解決に、テクノロジーと高度なオペレーションで個人の知見をピンポイントにマッチングしている。2019年、2020年の「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」を連続受賞する。2020年3月10日、東証マザーズ(現 東証グロース)上場。2021年11月1日、米国同業のColeman Research Group, Inc.を買収。

会社名:株式会社ビザスク
所在地:〒153-0042 東京都目黒区青葉台4-7-7 住友不動産青葉台ヒルズ9F・10F
設立日:2012年3月19日
代表者:代表取締役CEO 端羽 英子
事業内容:ビジネス領域特化の日本最大級(※)のナレッジプラットフォーム の運営、新規事業創出/組織開発支援 (※アドバイザー数において(46万人超 2022年5月時点))
証券コード:4490(東証グロース)
U R L :https://visasq.co.jp/