ビザスク

ビザスク

約90,000人の知見を活用する新サービス「ビザスクWeb展示会」をリリース   ~眠っている製品・技術にスポットを当て新たな可能性を発見~

2019.06.24

ビジネス知見に特化したスキルシェアプラットフォーム「ビザスク」を運営する株式会社ビザスク(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:端羽英子、以下当社)は、法人向けの新サービス「ビザスクWeb展示会」をリリースいたしました。

 

■新サービス「ビザスクWeb展示会」とは

当社の知見データベースに登録している約90,000名の業界エキスパートに対し、Web上で自社の製品や保有技術に関するニーズ・展開可能性をスピーディーかつ幅広く募集できるサービスです。言わばWeb上で行われるシーズの展示会で、来場者は既存顧客に限らない多様な業界/分野のエキスパート、約90,000名。ビザスクサイトでの告知、メールマガジンやSNS等を通じて広く発信し、300以上の業界/分野のエキスパートから、提案やニーズを収集することができます。さらに深堀りして意見を聞きたい場合は、利用料金内で最大3名の提案者へのスポットコンサル(※)も可能です。幅広いニーズの調査から、業界/用途毎で求められる、詳細な仕様の要素・特性の検証まで一気通貫に効率よく行えるサービスです
 ※スポットコンサル:1時間から対面/電話によるビジネス相談ができる仕組み。

 

■活用シーン

・開発したものの販路が定まっていない、もしくはさらに販路を拡大したい製品や技術の新たな展開可能性を探りたい

・新製品開発における顧客ニーズを広く収集したい

・製品/技術に関する懸念点や用途や業界別の要求特性の情報収集

 

■他のニーズ探索方法との違い

・業界展示会:特定業界の関係者のみが集まる場のため、他業界や分野の新たな販路を探るには適さず、また出展や展示会後のフォローにもコストがかかる
・技術マッチングサービス:個別具体的な技術探索に適するが、ニーズ探索にはあまり適さない

 

 

■利用料金

1回には、公募掲載1件と最大3名までのスポットコンサルを含む。

・1回プラン:40万円

・3回プラン:80万円 

 

■トライアル企業の声

・日本精工株式会社様

新領域の開発という初期開発のフェーズで利用しました。ビザスク登録者へのメルマガ告知もあり、想像以上に多くの回答を得ることができました。その後回答内容とご経歴から判断し3名と面談し、当社で検討している仮説をお伝えして率直なご意見や、業務の中でどのようなことにお困りなのかといった「実際のところ」についてもお伺いできました。仮説検証に加えて、誰も目をつけていないニーズがありそうだと確認できたことも成果だと認識しています。

 

【本サービスに関するお問い合わせ先】

株式会社ビザスク 事業法人部

MAIL:vq-ind@visasq.com

TEL:050-3733-1708

 

ビザスクとは

新規事業開発における業界研究やニーズ調査、マーケティング、グローバル進出等、様々なビジネス課題の解決に、個人の知見をマッチングするスキルシェアサービス。1時間でビジネス相談ができる「スポットコンサル」やtoB領域のユーザーヒアリングができる「エキスパートサーベイ」などを提供。現在、海外10,000名を含む約90,000名のアドバイザーが登録しており約7割が現役会社員、3割が企業OBやフリーランスで構成される。2018年には第4回「日本ベンチャー大賞」で経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞し、経済産業省より「J-Startup企業」に選出される。

 

株式会社ビザスク

所在地:東京都目黒区青葉台4-7-7 住友不動産青葉台ヒルズ9F

設立:2012年3月

代表取締役CEO:端羽 英子

URL: http://visasq.co.jp/( 英語:https://visasq.co.jp/en/ )

 

■リリースに関する報道関係のお問い合わせ先

株式会社ビザスク 広報:小川

TEL:070-5458-5171(報道関係者専用) / 03-6407-8405