ニュース

  • ビザスク、関西発イノベーション創出に向けて大阪初のオープンイノベーションセミナーを開催

    ビザスク、関西発イノベーション創出に向けて
    大阪初のオープンイノベーションセミナーを開催

     


    企業と個人の知見をマッチングするスポットコンサルプラットフォーム「ビザスク」を運営する株式会社ビザスクは、3月31日に大阪初のオープンイノベーションセミナーをリンカーズ株式会社と共催することをお知らせ致します。ビザスクは、関西発イノベーション創出に向けた取り組みを強化するために3月1日に大阪オフィスを開設しており、本セミナー開催は取り組み強化に向けた第1弾となります。

     

    ■セミナー概要


    テーマ:村田製作所が仕掛けるオープンイノベーションと新規事業
    日時 :2017年3月31日(金) 18:45(開場)—21:30
    ゲスト:株式会社村田製作所 新規事業推進部 新規事業推進5課オープンイノベーション推進チーム
        牛尾 隆一様
    会場 :阪急ファイブアネックス11F GVH#5
    対象 :大手事業会社の新規事業をマネジメントされている方
    主催 :株式会社ビザスク
    共催 :リンカーズ株式会社
    お申込みページ:http://eventregist.com/e/rFEk86D89sRb

     

    ■オープンイノベーションセミナー開催の背景


    ビザスクでは3月1日に大阪オフィスを開設し、関西におけるイノベーション創出に向けた取り組みを推進しております。その中で、オープンイノベーションに関するナレッジ共有を加速させることが、関西におけるイノベーション創出に向けた第一歩であると考え、技術領域におけるオープンイノベーションを推進するリンカーズ株式会社とセミナー開催を行うこととしました。
    また、ゲストには株式会社村田製作所でオープンイノベーションを推進する牛尾様にご登壇いただき、実例をもとにお話頂くことで、参加企業・担当者が事業創出に向けたヒントを得られる機会を提供したいと考えております。

    —過去の東京におけるオープンイノベーションセミナー開催実績(過去3回)—
    2017年 3月 コニカミノルタBIC流新規事業開発〜新規事業集団の道〜
    2016年12月 共創でTOYOTAが描く「未来のモビリティ社会」
    2016年11月 『アイデアより実行』スタートアップに学ぶ森永製菓の新規事業
    (現在東京では月1回を目処に定期開催しております。)


    ■株式会社ビザスク概要


    代表者:代表取締役CEO 端羽 英子
    本社所在地:東京都目黒区青葉台4-7-7 10F
    設立:2012 年 3 月 資本金 33,335 万円(資本準備金を含む)
    URL: http://visasq.co.jp/

    事業概要:「世界中の知見をつなぐ」をビジョンに掲げ、ビジネス相談ニーズに対し個人が1時間から対面や電話で相談に応えるスポットコンサルティングプラットフォームを運営。現役の役職員を中心に、企業OB、フリーコンサルタントなど30,000名が登録。組織、地域、世代を超えて、個人の知見を活かしビジネス課題を解決する、知見分野のシェアリングエコノミーを推進。

     

    ■大阪オフィス概要

     

    住所:〒530-0017大阪市北区角田町1番12号 阪急ファイブアネックス11F GVH#5
    お問い合わせ :
    責任者:仁木 遥俊

     

    ■本リリースに関する報道関係のお問い合わせ


    株式会社ビザスク 広報:田中
    03-6407-8405 / 070-5545-1952 (報道関係者専用) / pr@visasq.com

  • スポットコンサル「ビザスク」30,000名突破と大阪オフィス開設のお知らせ

     

    スポットコンサル「ビザスク」30,000名突破と大阪オフィス開設のお知らせ

    関西発イノベーション創出支援と関西における知見共有・働き方改革への活動を強化

     

    株式会社ビザスク(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:端羽英子、以下ビザスク)は、業界業務のビジネス知見を有する個人をデータベース化し、新規事業や業務改善の課題を抱える企業や起業・転職を志す個人が、1時間からピンポイントに対話形式で相談できるスポットコンサル「ビザスク」を展開しております。ビザスクは、2017年2月に会員数が30,000名を突破したこと、地方におけるニーズの高まりを受け、2017年3月1日に大阪オフィスを開設することをお知らせいたします。

     

    ■会員数30,000名突破


    ビザスクは、2013年10月のサービス開始以来、「1時間のスポットコンサル・マッチング」という独自のビジネスモデルを通じ、企業に所属する方も、企業をご引退された方も、個人事業主の方も、誰もが知見とスキマ時間を活用して活躍可能な仕組みを構築してまいりました。昨今の働き方改革の流れを受け、個人の活躍機会を広げるビザスクの先駆的な取り組みにご注目いただき、直近では毎月2,000名の新規会員登録を獲得、2017年2月中に昨年比3倍の30,000名を突破いたしました。

     

    ■大阪オフィス開設の背景


    ビザスクは、知見共有を妨げる要因を「組織・世代・地域」の3つの壁と定義し、誰もが参加可能な「1時間のスポット制」というビジネスモデル、テクノロジー、人的なサポートの力で解決することにチャレンジしております。中でも地方における「詳しい人が身の回りにいない」「ニーズに出会えない」を解決するために、地方銀行との提携(鳥取銀行、筑波銀行、第四銀行との提携を発表済)、鳥取県や近畿2府5県の女性起業家支援プロジェクトの部分受託等を推進してまいりました。

     

    関西おいては、株式会社ダイセルや大阪大学発ベンチャーであるマイクロ波化学株式会社など、地域に本社や研究所を構える大企業・ベンチャー企業へのスポットコンサル実績を積み重ね、外部知見を用いたオープンイノベーションを支援してまいりましたが、同時にイノベーション創出に向けた多方面での課題意識の高まりを感じており、知見共有を通しての支援を強化してまいります。また、関西在住の個人が地元企業の新規事業にアドバイスを提供する事例や、東京の企業に電話スポットコンサルを提供し地域を超えて活躍する事例も増加しており、関西における知見発掘の可能性も強く感じております。


    今回の大阪オフィス開設をきっかけに、関西におけるスポットコンサルの実施支援、各種セミナー開催、営業・広報活動を本格化し、関西発のイノベーション創出と個人の活躍推進の双方を通じて地域活性化に貢献できるよう、全社で取り組んでまいります。具体的にはオフィス開設初年度に、関西に拠点を置く企業100社へのスポットコンサル導入および関西在住の会員を新たに3,000名獲得することを目指します。


    ■大阪オフィス概要

    – 住所:〒530-0017大阪市北区角田町1番12号 阪急ファイブアネックス11F GVH#5
    – お問い合わせ :vq-ind@visasq.com / 050-5551-7485
    – 責任者:仁木 遥俊
    東大寺学園高校卒業後、東京大学農学部へ進学し在学中はアメフト部で活躍。2011年に新卒で住友商事に入社し、国内外ネット通販事業の事業計画策定、上海での事業立ち上げに従事。子会社である爽快ドラッグに出向後、大阪における現場責任者として既存倉庫の運営、新設倉庫や物流受託事業の立ち上げ、各種資材購買決定等に4年従事。2017年にビザスク参画。京都府出身


    【株式会社ビザスクについて】


    代表者:代表取締役CEO 端羽 英子
    本社所在地:東京都目黒区青葉台4-7-7 10F
    設立:2012 年 3 月 資本金 33,335 万円(資本準備金を含む)
    URL: http://visasq.co.jp/
    事業概要:「世界中の知見をつなぐ」をビジョンに掲げ、ビジネス相談ニーズに対し個人が1時間から対面や電話で相談に応えるスポットコンサルティングプラットフォームを運営。現役の役職員を中心に、企業OB、フリーコンサルタントなど30,000名が登録。組織、地域、世代を超えて、個人の知見を活かしビジネス課題を解決する、知見分野のシェアリングエコノミーを推進。

     

    ■本リリースに関する報道関係のお問い合わせ
    株式会社ビザスク 広報:田中
    03-6407-8405 / 070-5545-1952 (報道関係者専用) / pr@visasq.com

     

     


    スポットコンサル「ビザスク」の仕組み

     

    ■ビザスクは、クライアント(依頼者)と30,000名のアドバイザーをマッチングするプラットフォームです

     

    ■クライアントのニーズに応じ、2つの取引形態を提供しています

    ■webマッチング「ビザスク」には誰もが参加でき、案件を登録しアドバイザーを広く募集したり、登録情報から適切なアドバイザーをキーワード検索したりすることができます

     

    ■個人はアドバイザーとして活躍するため、経験分野やプロフィールを登録します
    アドバイザー登録は無料、マッチングした場合、謝礼の70%が銀行口座に振り込まれます(30%はシステム利用料してビザスクが申し受けます)。アドバイザーが務める企業の社内規定などでアドバイス料を受け取れない場合は、ビザスクが提携するNPO法人(Teach For Japan、国連WFP協会およびブリッジ・フォー・スマイル)に寄付することもできます

     

    ■具体的な事例

    下記にお問い合わせください
    株式会社ビザスク 広報:田中
    03-6407-8405 / 070-5545-1952 (報道関係者専用) / pr@visasq.com

     

  • 第四銀行と業務連携を開始いたしました

    ビザスク、第四銀行と業務連携を開始
    だいし創業特別融資『求ム、起業家。』を新設し、企業の課題解決をサポート


    企業と個人の知見をマッチングするスポットコンサルプラットフォーム「ビザスク」を運営するビザスクは、新潟県のリーディングバンクである第四銀行との業務連携を2月6日より開始します。第四銀行が新設した、だいし創業特別融資『求ム、起業家。』とともに、新潟県の起業家・中小企業をスポットコンサルを通じて支援し、地方創生への取り組みを強化してまいります。

    ■業務連携の狙い

    今回の連携を通じて第四銀行は、事業性評価に基づく中小企業の成長支援を加速するため、各分野のナレッジ強化を図ります。また、融資先企業の事業フェーズ・経営課題に応じて、「ビザスク」を通じて県内外のプロフェッショナルからもアドバイスを提供出来る仕組みを整備し、事業成長の加速を期待します。 ビザスクでは、2016年10月に地方創生推進室(室長:七倉壮)を創設し、地方銀行・行政との提携・連携を進め、各地域の抱える課題解決のサポートを行ってきました。今回の提携は、新潟県内の金融機関とは初めての提携になります。これにより、スポットコンサルを提供する30,000名超のアドバイザーの活躍の場を増やすことも可能になります。


    連携内容詳細
    ①中小企業者へのスポットコンサルティングサービス「ビザスク」の提供  
    ②「ビザスク」を活用した新サービスの検討  
    ③イベント・セミナー等を通じた中小企業者への情報提供  
    ④地方自治体との連携等、新たな連携施策の検討

    ■ビザスクについて( https://service.visasq.com/ )
    ビジネス相談ニーズに対し個人が対面や電話で相談に応えるスポット制のコンサルティングサービス。現役の役職員を中心に、企業OB、フリーコンサルタントなど30,000名が登録。組織、地域、世代を超えて、個人の知見を活かしビジネス課題を解決する、知見分野のシェアリングエコノミーを推進。

    会社名:株式会社ビザスク
    代表者:代表取締役 端羽 英子
    本社所在地:東京都新宿区西新宿 6-15-1 ラ・トゥール新宿 502号室
    設立:2012 年 3 月 資本金 33,335 万円(資本準備金を含む)
    URL: http://visasq.co.jp/ 


    ■本リリースに関する報道関係のお問い合わせ
    株式会社ビザスク 広報:小酒井
    03-3344-0660 / 070-5545-1952 (報道関係者専用) / pr@visasq.com

  • 帝人が開催する「One Teijin Award」のアイデア事業化に向けた包括的支援を開始いたします

    ビザスク、帝人「One Teijin Award」のアイデア事業化に 向けた包括的支援を開始
    〜新事業創出支援プログラムとして3ヶ月間の伴走支援〜


    企業と個人の知見を1時間からマッチングするスポットコンサルティングプラットフォーム「ビザスク」を運営する株式会社ビザスク(本社:東京都新宿区、代表取締役:端羽英子、以下「ビザスク」)は、帝人株式会社(以下「帝人」)が社内で開催するアイディアコンテスト「One Teijin Award」の表彰アイデアの事業化に向けた包括的支援を12月19日に開始したことをお知らせいたします。


    ■背景と狙い


    帝人は2012年策定の中長期経営ビジョン「CHANGE for 2016」を推進する中で、帝人グループ全体の成長に向けて全ての衆知を結集する「One Teijin」を掲げ、従来の組織を超えた連携や新規ビジネスのアイディアコンテスト「One Teijin Award」を2014年から2016年にかけて開催しています。


    今回の包括的支援では、「One Teijin Award」でこれまで表彰されてきたアイデアの中から事業化に取り組むチームに対して、ビザスクが事業化に向けたプロセスを伴走支援するものです。
    ビザスクではこれまでも、新規事業アイデア創出ワークショップやスポットコンサルティングサービス(以下「スポットコンサル」)の提供を通じて、「One Teijin Award」の取り組みをアイデア創出から事業化に向けた取り組みまで段階的に支援してまいりました。今回の取り組みは、事業化に向けた取り組みをより一層強化するものとなります。


    具体的には、スポットコンサルの提供に加え、定期的なメンタリングやプロジェクト進捗管理、各種セミナーの提供、社内協力者のネットワーク化支援等を予定しております。 本プログラム参加者は、ビザスクの伴走支援により効率的に社内外の知見を活用しながら、事業化プロセスを進めていくことが可能になります。

    ビザスクではこれまでスポットコンサルを通じて250社以上におよぶ大手企業の事業創出支援をしてきておりますが、より一層支援するべく本年10月には「オープンイノベーション推進室」(室長:宮川晶行)を創設しております。今後は、スポットコンサルに加え、顧客ニーズに応じた包括的支援も進めることで、企業が抱える課題の解決およびイノベーション創出に貢献してまいります。


    《株式会社ビザスクについて》
    ビジネス相談ニーズに対し個人が対面や電話で相談に応えるスポット制のコンサルティングサービス。現役の役職員を中心に、企業OB、フリーコンサルタントなど25,000名超が登録。組織、世代、地域を超えて、個人の知見を活かしビジネス課題を解決する、知見分野のシェアリングエコノミーを推進。

    所在地:東京都新宿区西新宿 6-15-1 ラ・トゥール新宿 502号室
    設立:2012 年 3 月
    資本金:33,335 万円(資本準備金を含む)
    代表取締役:端羽 英子
    URL:https://visasq.co.jp/


    《帝人株式会社について》
    所在地:大阪府大阪市中央区南本町一丁目6番7号 帝人ビル
    設立:1918年6月
    資本金:70,816百万円
    代表取締役社長執行役員:鈴木 純
    URL:http://www.teijin.co.jp/

    本リリースに関してのお問合せはこちら
    株式会社ビザスク
    広報:小酒井
    mail:pr@visasq.com

    サービスについてのお問合わせはこちら
    株式会社ビザスク
    オープンイノベーション推進室 室長:宮川
    mail:contact@visasq.com

  • 筑波銀行と業務提携を開始いたしました

    ビザスク、筑波銀行との業務提携で地方創生を促進
    〜地域企業の経営支援にスポットコンサルを提供へ〜


    企業と個人の知見をマッチングするスポットコンサルティングプラットフォーム「ビザスク」を運営する株式会社ビザスク(本社:東京都新宿区、代表取締役 端羽英子、以下「ビザスク」)は、株式会社筑波銀行(本店:茨城県土浦市、代表取締役頭取 藤川雅海、以下「筑波銀行」)との業務提携契約を12月20日に締結いたしましたので、お知らせいたします。

     

    「筑波ふれあい倶楽部」と連携、地域を超えた 25,000名超の知見活用による経営支援を目指す

     

    ■ 業務提携の背景と狙い

     

    筑波銀行は「First Call Bank(ファースト・コール・バンク)」を将来ビジョンに掲げ、茨城県を中心とした地域の皆様のために質の高いサービスや商品を一早く提供することで「最初に相談したい銀行」になることを目指して、現在様々なサービスを提供しております。
    その中で、会員制の総合経営支援サービス「筑波ふれあい倶楽部」※を運営しており、地域企業が素早く必要な情報にアクセス可能な場を提供しております。

    今回の業務提携により、「筑波ふれあい倶楽部」の会員企業は会員向けスポットコンサルティング・サービス(以下、スポットコンサル)を利用して25,000名超のアドバイザーに相談が可能になります。
    一方、ビザスクはスポットコンサルを提供する25,000名超のアドバイザーの活躍の機会を増やすことが可能になります。
    また、地域企業への活用促進や共同セミナー開催等を通して、地域経済の持続的発展に向けた取り組みを進め、地方創生に貢献することを目指します。

    ※ 筑波ふれあい倶楽部とは

    企業経営者・経営企画・事業開発・総務人事等の方を対象とした会員制の総合経営支援サービス。様々な分野の課題解決のために、用途に合わせて必要な情報に素早くアクセスが可能な会員制ビジネスサイトの運営の他に、経営にすぐ役立つという視点で企画を行いビジネス交流会やセミナー等を開催しております。

    ビザスクは、以前より鳥取銀行との業務提携を行う等、地方創生、地方活性化への取り組みを進めております。 (鳥取銀行との提携について >> http://visasq.co.jp/archives/6374 )
    今回は銀行との提携の第二弾となりますが、引き続き地方銀行との提携を進めスポットコンサルを通じて地方創生に貢献してまいります。

     

    《株式会社ビザスクについて》

    ビジネス相談ニーズに対し個人が対面や電話で相談に応えるスポット制のコンサルティングサービス。現役の役職員を中心に、企業OB、フリーコンサルタントなど25,000名超が登録。組織、世代、地域を超えて、個人の知見を活かしビジネス課題を解決する、知見分野のシェアリングエコノミーを推進。


    サービスページ >> https://service.visasq.com/


    所在地:東京都新宿区西新宿 6-15-1 ラ・トゥール新宿 502号室
    設立:2012 年 3 月 資本金 33,335 万円(資本準備金を含む)
    代表取締役:端羽 英子
    URL:http://visasq.co.jp/

    ■お問合せ
    株式会社ビザスク
    広報:小酒井
    mail:pr@visasq.com

  • 西武信用金庫と業務提携を開始いたしました

     

     

    ビザスク、西武信用金庫と業務提携を開始
    〜中小企業の経営課題解決・成長支援を一層強化へ〜

     

    企業と個人の知見をマッチングするスポットコンサルプラットフォーム「ビザスク」を運営する株式会社ビザスク(本社:東京都新宿区、代表取締役:端羽英子、以下「当社」)は、西武信用金庫(本店:東京都中野区、理事長 落合寛司)と業務提携を開始、12月13日より地域企業の経営課題解決・成長支援に向けた専門家派遣をはじめとした連携を開始いたしました。


    当社として初の信用金庫との業務提携
    「ビザスク」と西武信用金庫「専門家派遣事業」の連携を開始いたします


    西武信用金庫は、東京都・神奈川県・埼玉県の一部を事業区域とし、地域の課題を解決する『お客さま支援センター』として活動しています。その中で、事業支援メニューの1つとして各分野の専門家やパートナー企業と連携し、専門家派遣事業を行ってきました。今回の提携により、さらに幅広い経営課題の解決に対応が可能になります。

    一方、ビザスクは国内外問わず、また大手企業から中小企業・ベンチャー企業まで幅広い企業にスポットコンサルを提供し、ビジネス課題の解決およびイノベーション創出に貢献してきました。今回の提携により、ビザスクはスポットコンサルを提供する25,000名超のアドバイザーの活躍の場を増やすことが可能になります。

    また、専門家派遣の連携以外にも中小企業の成長支援を目的としたセミナーの共同開催等を進め、地域の活性化に貢献していきます。

    ■ビザスクとは

    ビジネス相談ニーズに対し個人が対面や電話で相談に応えるスポット制のコンサルティングサービス。現役の役職員を中心に、企業OB、フリーコンサルタントなど25,000名超が登録。組織、世代、地域を超えて、個人の知見を活かし ビジネス課題を解決する、知見分野のシェアリングエコノミーを推進。

    サービスHP >> https://service.visasq.com/
    会社HP >> http://visasq.co.jp/

    所在地:東京都新宿区西新宿 6-15-1 ラ・トゥール新宿 502号室
    設立:2012 年 3 月
    資本金 :33,335 万円(資本準備金を含む)
    代表取締役:端羽 英子
    URL  http://visasq.co.jp/

    ■お問合せ
    株式会社ビザスク
    広報:小酒井
    mail:pr@visasq.com                                                                   

                                                                     

  • プライバシーマーク取得に関するお知らせ

    ビザスク、プライバシーマークの取得に関するお知らせ

     

    企業と個人の知見をマッチングするスポットコンサルプラットフォーム「ビザスク」を運営する株式会社ビザスク(東京都新宿区、代表取締役 端羽英子、以下「当社」)は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会より、プライバシーマーク付与認定を2016年9月30日に受けましたのでお知らせいたします。

     

     ■プライバシーマークとは

    プライバシーマーク制度とは、「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に準拠して個人情報の取扱いを適切に行っている事業者等に対し、事業者等が積極的に自主的な規制、努力にインセンティブを与え、我が国の個人情報保護を一層促進するための手段として事業者団体と協調して実施するものです。

     

    ■導入の背景

    登録いただいておりますアドバイザー・クライアントからお預かりした個人情報はもとより、企業活動の中で取り扱う各種の個人情報を適切に保護することが社会的責務であると強く認識しており、全社一丸となって個人情報の適切な保護のための取り組みを推進しております。

    またプライバシーマーク以外にも、個人情報保護士の取得を社内でも進めており代表取締役端羽・コンシェルジュ部部長井無田・リサーチ担当執行役員神谷をはじめ複数名が資格を取得し、個人情報の取り扱いには細心の注意を払っております。
    今後はプライバシーマーク取得企業として、社内外の個人情報の保護に対してより一層の配慮と適切な管理を行い、個人情報保護に関するコンプライアンスプログラムを遵守する企業として、皆さまが安心して利用できるサービスをご提供するよう努めて参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

     

    《認定概要》

    登録番号:第10824422(01)号
    有効期限:平成28年9月30日 〜 平成30年9月29日 

     

    《株式会社ビザスクについて》
    ビジネス相談ニーズに対し個人が対面や電話で相談に応えるスポット制のコンサルティングサービス。現役の役職員を中心に、企業OB、フリーコンサルタントなど約20,000名が登録。組織、地域、世代を超えて、個人の知見を活かしビジネス課題を解決する、知見分野のシェアリングエコノミーを推進。

    サービスHP >> https://service.visasq.com/

     

    所在地:東京都新宿区西新宿 6-15-1 ラ・トゥール新宿 502号室
    設立:2012 年 3 月
    資本金:33,335 万円(資本準備金を含む)
    代表取締役:端羽 英子
    URL http://visasq.co.jp/

     

    ■お問合せ
    株式会社ビザスク
    広報:小酒井
    mail:pr@visasq.com

    10824422_100_JP

  • 鳥取銀行と業務提携をいたしました

    ビザスク、鳥取銀行との業務提携で地方創生を促進
    〜両社の協業により、地方のビジネス展開スピードの加速をサポート〜

     

    企業と個人の知見をマッチングするスポットコンサルプラットフォーム「ビザスク」を運営する株式会社ビザスク(東京都新宿区、代表取締役 端羽英子、以下「当社」)は、株式会社鳥取銀行(本社:鳥取県鳥取市、取締役頭取 平井 耕司、以下「鳥取銀行」)との業務提携契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

     

    ■鳥取銀行との提携の背景

     

    中小企業や個人事業主の方にとって金融機関は重要なパートナーであり、起業〜事業拡大フェーズ時に資金繰り等含め経営課題を相談する機会が多く存在します。この度新たに山陰地方を広くカバーする鳥取銀行との連携を開始し、融資の際の適正な評価を行うために、各分野のプロフェッショナルが登録しているビザスクを利用しナレッジの強化を図ります。

    一方、ビザスクはスポットコンサルを提供する約20,000名のアドバイザーの活躍の場を増やすことが可能になります。また、ビザスクは幅広い企業にスポットコンサルを提供しており都内だけでなく地方の方の利用も増えてきております。今回の提携により、山陰地方の中小企業のサポートを鳥取銀行とともに行い、地方創生の促進を目指します。

     

    業務提携内容

     

    1.法人向け新融資サービスの共同開発
    2.ビザスクを活用した経営支援体制の強化
    3.地域事業者向け成長支援策の共同検討

     

    今回の提携を通じて、鳥取銀行が進めている地方創生、地域活性化への取り組みの加速を目指します。

     

     ■鳥取銀行担当者コメント

     

    鳥取銀行では、お取引先企業の本業支援を通じた成長・発展への後押しに力を入れております。当行が拠点を置く山陰地域においては、人的資源の問題等から新しい事業を始めたいときに必要な知見やノウハウを得ることが難しい現状があり、ビザスク社の「世界中の知見をつなぐ」というコンセプトはこのような地域にこそ必要なものだと考えます。スポットコンサルティングサービスをお取引先にご活用いただき、外部の知見やノウハウを取り込んでいただくことで、事業拡大や起業に伴うリスクの低減や、成長の道筋を描く一助となることを期待しています。

     

    《株式会社ビザスクについて》

    ビジネス相談ニーズに対し個人が対面や電話で相談に応えるスポット制のコンサルティングサービス。現役の役職員を中心に、企業OB、フリーコンサルタントなど約20,000名が登録。組織、地域、世代を超えて、個人の知見を活かしビジネス課題を解決する、知見分野のシェアリングエコノミーを推進。

     

    所在地:東京都新宿区西新宿 6-15-1 ラ・トゥール新宿 502号室
    設立:2012 年 3 月
    資本金:33,335 万円(資本準備金を含む)
    代表:端羽 英子
    URL:http://visasq.co.jp/

     

    ■お問合せ
    広報:小酒井
    mail:pr@visasq.com
    tel:050-5551-7485

  • ビザスク、MAKOTOと連携し東北地方の起業家の支援を開始

    ビザスク、MAKOTOが連携
    〜東北地方の起業家に、スポットコンサルを通じて各分野の知見を届ける〜

     

    企業と個人の知見をマッチングするスポットコンサルプラットフォーム「ビザスク」を運営する株式会社ビザスク(東京都新宿区、代表取締役 端羽英子、以下「当社」)は、一般社団法人MAKOTO(本社:宮城県仙台市、代表理事:竹井智宏 以下MAKOTO)と9月23日に提携、東北地方の起業家のステージに合わせたサポートを共に行います。

     

     

    ■MAKOTOとの提携の背景・目的

     

    東北地方は、人口の減少・東日本大震災による被害からの復興という課題を抱えた地域である一方、起業支援にも積極的に取り組み、全国的にも開業率が高い地域となっています。その中でMAKOTOは、東北のリーダーとなる企業を作るために、厳選された起業家に対して起業支援・ハンズオン型(伴走型)経営支援サービスを行っております。そこに当社に登録する各分野の20,000名のアドバイザーにスポットコンサルが利用可能になることで、ステージによって変化する起業家の様々な課題に対して今まで以上のサポートが可能になります。

    こうした取り組みを通して、東北地方の起業家のビジネスの成長に貢献するとともに、MAKOTOが進めている地方創生・地域活性化への取り組みの加速を目指します。

     

    ■提携内容

     

    ①スポットコンサルを活用したMAKOTOの起業支援・ハンズオン体制の拡充

     

    MAKOTOの起業家支援体制の更なる強化を目的として、ビザスクのアドバイザーネットワークとスポットコンサルの仕組みを活用し、MAKOTOが支援する起業家が、気軽に世界中の知見にアクセスし、事業拡大のヒントを得られる体制の構築を目指します。

     

    ②東北地方における新たな起業家支援プロジェクトの共同検討

     

    起業環境の整備やパックアップ体制の拡充など、当該エリアの起業家の成長スピードを更に加速する環境を作るべく、様々な機関や団体との連携による起業家支援プロジェクトに今後共同で取り組みます。

     

     

    株式会社ビザスクについて

    ビジネス相談ニーズに対し個人が対面や電話で相談に応えるスポット制のコンサルティングサービス。現役の役職員を中心に、企業OB、フリーコンサルタントなど約20,000名が登録。組織、地域、世代を超えて、個人の知見を活かしビジネス課題を解決する、知見分野のシェアリングエコノミーを推進。


    サービスHP >>  https://service.visasq.com/
    会社HP >> http://visasq.co.jp/

     

    会社名:株式会社ビザスク

    所在地:東京都新宿区西新宿 6-15-1 ラ・トゥール新宿 502号室

    設立:2012 年 3 月

    資本金:33,335 万円(資本準備金を含む)

    代表者:代表取締役 端羽 英子

     

    一般社団法人MAKOTOについて

    一般社団法人MAKOTOは、東北地方の起業家・経営者を支援し、「志」の求心力をベースにした事業創造を行う起業家支援団体。(1)起業環境整備事業、(2)ファンド事業、(3)地方創生事業などを行い、起業家に対する経営支援・資金調達支援などハンズオン支援で、東北の起業家をサポートしている。

     

    会社名:一般社団法人MAKOTO
    代表者:代表理事 竹井智宏
    所在地:宮城県仙台市宮城野区榴岡5-12-55 NAViSビル5階
    設 立:2011年7月25日事業:地方創生事業、経営指導・資金調達支援などのハンズオン支援、コワーキングスペース運営、投資事業、クラウドファンディングサイト運営 など
    URL:http://www.mkto.org/

     

    お問い合わせ先

    株式会社ビザスク:小酒井

    mail:pr@visasq.com

    tel:050-5551-7485

  • 全国90,000人の人事キーパーソンが選ぶ、 日本の人事部主催「HRアワード2016」 プロフェッショナル部門にノミネートされました

    日本最大のHRネットワーク「日本の人事部」の「HRアワード2016」のプロフェッショナル部門にビザスクがノミネート、9月1日(木)より投票を開始します。

    詳細はこちらから >> http://hr-award.jp/nominate3.html#


    会員数約9万人の人事のためのポータルサイト「日本の人事部」が主催する表彰制度で、各部門にノミネートされた作品の中から、企業の経営者や管理職、採用・育成ビジネスや人事サービスを展開する企業の皆さまからいただいたご意見を基に、各賞が決定されます。

    アワード2016ノミネート

    NO16.株式会社ビザスク
    企業の課題と個人の知見を1時間からつなぐスポットコンサルティング「ビザスク」


    ビジネス相談ニーズに対し個人が対面や電話で相談に応えるスポット制のコンサルティングサービス。現役の役職員を中心に、企業OB、フリーコンサルタントなど約20,000名が登録している。組織、地域、世代を超えて、個人の知見を活かしビジネス課題を解決する、知見分野のシェアリングエコノミーを推進。

    新規事業・投資・海外進出・業務改革など新たな分野での挑戦において「誰に聞けば良いかわからない」課題を、各分野の経験者に1時間から話を聞くことができる。社内にはない視野や生きた情報を獲得することによって企業の事業創造を加速させている。

     

    また地方の創業者が、今まで身近に相談できる人がいなかった内容に関して、ビザスクを通じ今までリーチできなかった知見へのアクセスが可能、地方創生にも貢献している。人事領域でも社員が主体的に社外の知見に触れることで、今までにはない視点や気づきを得ることができる等、社員の能動的な学びの後押しが可能、選択型研修にも導入されている。

     

    【会社HP】http://visasq.co.jp/
    投票はこちらから >> https://jinjibu.jp/gfrm/eventEnquete/award-16-0001/form/ 

     

    ■ 日本の人事部『HRアワード』 とは? 


    日本の人事部「HRアワード」は、人事・人材開発・労務管理などの分野におけるイノベーターを表彰する、表彰制度。素晴らしい成果を残した企業人事部やHRビジネス企業、人事担当者にとって有益だと評価されている書籍やサービスを表彰することで、全ての企業や個人のレベルアップと、人フィールドの活性化を実現することを目的としています。

     

    ■ プロフェッショナル部門


    企業人事部に採用・人材開発・労務管理などの変革や生産性の向上を実現する、優れたサービスを提供したと認定される人材ビジネスおよび人事サービス企業を選出し、表彰します。  

    HRアワード2016:プロフェッショナル部門ノミネート一覧> http://hr-award.jp/nominate3.html#

     

    ■株式会社ビザスクについて


    所在地 東京都新宿区西新宿 6-15-1 ラ・トゥール新宿 502号室
    設立 2012 年 3 月
    資本金 33,335 万円(資本準備金を含む)
    代表 代表取締役 端羽 英子
    URL  http://visasq.co.jp/

     

    ■お問合せ

    広報:小酒井
     mail.:pr@visasq.com
    tel:050-5551-7485