ビザスク

ビザスク

株式会社シグマクシス

ビザスクは企業の経営課題を解くコンサルティング企業にとって、エコシステムの「パートナー」

  • ビザスクinterview
  • コンサル
  • コンサルティング

インタビューにご協力いただいた方

常務執行役員 ヒューリスティック シェルパ

柴沼 俊一様

事業内容について教えてください。

弊社は企業に対して、コンサルティングサービスの提供と、関連する事業の立ち上げや運営を手掛けており、デジタル・トランスフォーメーション、新規事業開発、M&Aアドバイザリーなど幅広い分野でご支援をしております。

ビザスクを導入いただいた背景をお聞かせください。

プロジェクトの付加価値をよりいっそう高めるために、弊社内のリソースや情報に限定せず、私たちのプロジェクトのパートナーとして情報提供をサポートしてくれる存在を探していました。それまでは、プロジェクト推進に必要な情報を見つけるのに苦労することもあり、過去の記事検索なども試みていましたが、内容は古かったり情報が表層的だったりします。もう少し深くインサイトを得たいと考え、インタビュイー探しなど情報収集への協力をビザスクに依頼するようになりました。

2016年に導入いただいてから数年たち、多種多様な案件でご活用いただいています。導入当初からの変化はありますか?

導入当初は、ビザスクを通じてどんな人の話が聞けるのか、探し出してもらえるのか、というトライアルのような気持ちで始めました。従って、課題や仮説を作りこんで臨むというよりは、例えば製薬業界なら再生医療に詳しい方をご紹介いただき、まずはディスカッションをするような形で利用していました。
何度かインタビューをセットしていただくにつれて、アドバイザーの方々から質の高い情報や知見が得られることを実感するようになり、こちらからの要件の伝え方や、提案されたアドバイザーリストからの選択プロセスが重要であることがわかってきました。同じ業界でも、前回は製造現場の経験者に聞くべき案件だが、今回は経営企画の方が適している、であるとか、実務経験は何年以内の方がいいのか、というように、アドバイザーのプロフィールを見てスクリーニングする勘所がつかめてきました。



複数名に同じテーマでスポットコンサルを実施いただくことも多いですが、その際の工夫点がありますか?

社内で事前に十分に議論を重ね、あまりインタビュー経験の多くない若手でも豊富な情報を得られるよう、質問設計には時間をかけています。また、複数名にインタビューをお願いする場合、順番も大事。一番知見が深いであろう方に最初から聞くのではなく、全体像を話すことができる方から順番に話を聞いて、徐々に仮説の精度を上げていくイメージ。最後にドンピシャの方からみっちり1時間聞いて仕上げるよう、順番も設計しています。ビザスク導入から数年経つ中で、効率よくベストな形でスポットコンサルが活用できるように、私たちも進化してきていると思います。

柴沼様から見て、上手なインタビュー設計とはどういうものでしょうか?

インタビュー設計は本当に重要で、準備を怠ると、良い仮説検証につながる回答は得られません。インタビュー実施前に、何を知りたいのかをイエス・ノークエスチョンに近いレベルで落とし込み、仮説検証の構造化をしっかり行ってから臨むのが、上手なインタビューと考えています。逆に「良い問いかけ」を意識せず、アドバイザーの方に全部語ってもらってメモにする、というのは上手なインタビューとは言えない。だからこそ準備が大事ですし、きちんと設計できれば、どのアドバイザーにインタビューすれば得たいインサイトが得られるかということまで、判断できるようになると思います。

コンサルティング会社がビザスクを使われるメリットは何だとお考えですか?

クライアントからの相談に対して、より付加価値を上げてお応えできるようになったと感じています。ビザスクにこの分野の知見が欲しいとリクエストすれば、そのスコープにあった方をご提案いただけます。しかも、こちらのリクエスト内容が研ぎ澄まされていればいるほど、質の高いアドバイザーを何名もご紹介いただけるし、幅広い可能性でスピーディーに探してくださる。
コンサルティング会社の役割はクライアントの経営課題を分解し確定させて、それを構造化して仮説を立て、検証し、解決への道筋をつくることです。ビザスクはそのフェーズで重要となるデプスインタビューにおいて、貴重な知識や見解を与えてくれています。そういう意味では、企業の経営課題を解く際のエコシステムとしてご一緒させていただいているパートナーと思っています。



今後、ビザスクをどうご活用されたいとお考えですか?

スポットコンサルは引き続き存分に活用していきたいと考えていますが、さらに「こんなテーマでインタビューしてみませんか」といったご提案もいただけるようになると、お互いの可能性が広がるのではないかと期待しています。例えば、今興味関心が持たれているトレンドトピックのランキングやレポートなどは、こちらも営業のきっかけになります。
あとは、海外アドバイザーも増えているようですのでグローバルでの活用もしていきたいです。弊社も海外のリサーチは外注することもありますし、言語の壁の部分でまだまだ海外リサーチに歯がゆさを感じている企業は多いと思うので、そこでまたビザスクのサポート力を発揮していただけると活用範囲も広がるのではないかと思います。