ビザスク

ビザスク

ビザスクのコンプライアンスルール

わたしたちは、個々人に蓄積された知見にニーズがあることを、それが業界の垣根を超えて活かされる価値があることを、当社のサービスを通して具現化できればと考えています。そのために、当社が最も大事にしていることの一つがコンプライアンスです。当社のサービスを通して実現したスポットコンサルによって、アドバイザーの利益が不当に侵害されたり、クライアントのその後のビジネスに不利益をもたらすような事があってはならないと考えています。その事から、当社は適切なコンプライアンス態勢を構築し、双方の利益保護に努めています。

アドバイザーの利益保護のため

  • ・フルサポート形式のマッチングサービスを利用する法人クライアント(以下、クライアント)と当社とで締結する契約には、アドバイザーの個人情報やスポットコンサルで得た情報が、アドバイザーの事前の許可なく第三者へ共有されないことや、クライアントと反社会的勢力との関係が排除されている事等、アドバイザーの権利が最大限保護されるような内容を明文化し、それを遵守することを義務付けています。万が一、規約に反するような情報提供を強要された場合には、それに答える義務はなく、当社に直ちにご報告いただくことで、適切な調査を行い、アドバイザーの方へ謝礼のお支払いをいたします。
  • ・当社スタッフがフルサポート形式でマッチングをサポートする場合、クライアントからの依頼が、アドバイザーの現在の勤務先と競合にあたる可能性がないかを確認し、スポットコンサルの依頼を行なっています。また、例えばコンサルティング会社からの依頼の場合には、その依頼元(エンドクライアント)との競合性についても確認しています。同様に、当社スタッフを介さない当社のウェブサイトを介した個人間のWebマッチング形式(以下、Webマッチング)を利用する場合にも、依頼者とアドバイザーとの間で事前に必要な情報確認ができるよう、無料のメッセージ機能をご用意しています。
  • ・当社スタッフがアドバイザー候補者をクライアントへ提案する際には、アドバイザー候補者の事前の同意がない限り、個人が特定できるような名前、メールアドレス、電話番号などの情報提供は行わず、アドバイザーがスポットコンサルの依頼を受託してはじめて、アドバイザー名が識別される仕組みを取っています。
  • ・アドバイザーの個人情報は、適切なセキュリティーの下で保管されるとともに、それらを取り扱う社員に対しても、プライバシー保護のトレーニングを受けることを義務付け、技術的、人的な安全措置に努めています。

クライアント・依頼者の利益保護のため

  • ・全てのアドバイザーに同意いただく規約には、内部規則やその他の契約に違反するような秘密情報の提供を行わない事、反社会的勢力との関係排除、コンサルテーション中に知り得た情報を第三者に提供しない事などが含まれ、アドバイザーからの情報提供によってクライアントに不利益がもたらされる事態が起こらないよう義務付けています。
  • ・当社スタッフがフルサポート形式でマッチングをサポートする場合、アドバイザーが期待する水準を満たす知見をもっているかを判断するため、事前に想定質問に対するコメントをアドバイザー候補者から受け、クライアントはその内容を踏まえてアドバイザーを選定することができます。Webマッチング形式の場合にも、無料のメッセージ機能を利用して、謝礼が発生する前に、相談内容に関する事前相談ができ、アドバイザーの知見がご自身の期待する水準を満たすかの判断が可能となります。
  • ・当社スタッフがフルサポート形式でマッチングをサポートする場合、クライアントは追加でコンプライアンス上の条件を設定することが可能です。例えば、投資会社であれば、投資対象企業の現職もしくは退職後12ヶ月以内であった場合には候補から除外すること、候補者が重大な非公開情報を持っていない事を事前に確認すること、アドバイザーとのコンサルテーションを実施する前に、クライアントのコンプライアンス部に対し事前スクリーニングに必要な情報提供をすることなどが挙げられます。
  • ・当社スタッフがフルサポート形式でマッチングをサポートする場合、法律で副業が制限されている職種について、原則アドバイザー候補から除外し、法的問題がないことを確認できた場合にのみご紹介しております。また、事業主から、従業員が副業することを社内規則で禁止している事を申し受けた場合には、当社スタッフがご提案するアドバイザーの対象からは除外し、利用規約の遵守態勢を維持できるよう努めています。
  • ・当社スタッフが受託したクライアントからの依頼内容は、アクセス制限を設けたシステム上で管理し、定期的なパスワード変更を義務付けるなど、厳重に取り扱っています。
  • ・当社スタッフがフルサポート形式でマッチングをサポートする場合、依頼内容の性質上、クライアント名を開示しない方が望ましいと判断される場合には(ユーザーインタビューにおける恣意性の排除、投資会社における投資対象企業の開示等)、アドバイザーに不利益とならない依頼内容であることを確認した上で、クライアント名を完全非公開にて進めることができ、アドバイザー候補者のサーチからインタビュー当日までの全てのアレンジを当社スタッフがサポートいたします。

アドバイザーの遵守事項

当社の利用規約には、アドバイザーとして気をつけなくてはならない重要なルールが明記されています。これはご自身と依頼主との利益を守り、適切なスポットコンサルが実現されるための取り決めであり、特に以下の項目につきご留意ください。

  • ・当社サービスを通して行われるスポットコンサルのご依頼は、ご自身が登録した職歴、ご経験内容に基づき判断されます。その内容の正確性、完全性、最新性につき、ご自身に責任があることを十分に理解し、登録および更新を行ってください。
  • ・アドバイザーとして依頼を受託する場合、ご自身が所属する企業その他の第三者に対して負うべき守秘義務(内部規則等に基づく義務を含みます。)を遵守しなくてはなりません。また、これに違反して当社又は他の会員に対して情報を開示又は漏洩してはいけません。なお、重要な留意事項をまとめたアドバイザー向けのトレーニングをご用意していますので、マイページよりご確認ください(フルサポートマッチング形式の案件を受ける場合には、年1回のトレーニングの受講が必須となります)。
  • ・重大な非公開情報を保持している場合、その情報は如何なる理由があっても開示してはいけません。また、スポットコンサルを通して重大な非公開情報を知り得た場合、その情報を利用して株式等の有価証券の取引を行う事はインサイダー取引に該当し、法律で厳しく罰せられます。
  • ・当社サービスを介して知り合ったにも関わらず、サイト外で連絡を取り合い、当社を排除したスポットコンサルの実施、もしくはコンサルティング契約等を締結し、当社の提供する決済システム利用を回避するなどして当社への手数料支払を回避する行為は、一定期間禁止されています。(ただし、当社が事前に書面または電子メールにより承諾した場合、原則、紹介手数料を別途当社が指定する手段により、アドバイザーもしくは依頼者が当社に支払うことで、依頼者とアドバイザーは直接のコンサルティング契約を締結することができるものとします。)

その他疑問点、懸念点などありましたら、support@visasq.comまでお問い合わせください。