大手からベンチャーまで800社以上が活用中!

大手からベンチャーまで
800社以上が活用中!

市場調査でこんな課題はありませんか?

  • 社内の人脈では必要とする
    情報源にたどり着けない

  • 書籍や文献から市場に
    関する情報が入手できない

  • 現場から見た市場動向や
    トレンドを知りたい

  • ビザスクのスポットコンサルなら、
    リアルで鮮度の高い一次情報に簡単にアクセスできます

    ビザスクの
    スポットコンサルなら、
    リアルで鮮度の高い一次情報に簡単にアクセスできます

    「スポットコンサル」はインターネットや文献調査では得られない一次情報にアクセスできて、
    従来調査に要していた時間やコストを大幅に削減できます。新規事業、研究開発、営業活動などで活用されており、実名登録された有識者(アドバイザー)の信頼性の高い情報がビジネスの意思決定を促進します。

    アドバイザー数は業界トップの40万人

    国内120,000人 海外280,000

  • 100,000

  • 500カテゴリ

  • 800以上

  • HOW TO USE

    ユーザーに直接聞くことは、
    多くのビジネスシーンの課題を解決します

  • 想定ユーザーのニーズや課題をヒアリング

    検討中のプロダクトやサービスが、実際のユーザーに受け入れられるかどうか。またどのような課題を抱えているのか率直な意見を聞いて仮説検証が行えます。

  • 不足しているノウハウやアドバイスを収集

    事業開発では、マーケティングやデザイン、法律などの様々な知見が必要になることがあります。そのようなときにも、その領域のプロフェッショナルからアドバイスを受けられます。

  • 新規参入に向けた初期調査

    新たな業界を開拓していく場合には、まずその業界のことを理解することが求められます。そのような初期段階の市場調査にも活用いただけます。

  • CASE STUDY

    IT企業やメーカー、商社まで。
    すでに幅広い企業が活用しています

    IT企業やメーカー商社まで
    すでに幅広い企業が
    活用しています

  • CASE 01

    パナソニック株式会社

    助かったのは、やはり現場の声を直接ヒアリングできたことです。関連した知見が社内に蓄積していません。 そのため、社内における判断材料や評価軸自体もあまり明確ではなく、提案アイデアを進める上でのコンセンサスを取りづらいところもありました。 そんな環境下でもっと上の世代の管理職にプレゼンする際に「リアルな声」があるとないとではインパクトが違います。現場から吸い上げた声を織り交ぜることにより、説得力が格段に増しました。

  • CASE 02

    丸紅株式会社

    調査したい案件のキーワードと要件を伝えて、アドバイザーを探していただきました。すると、こんなニッチな要件なのに4,5人も候補が出てきたんです。 とても驚きました。ビザスクって本当にあらゆるアングルの業界有識者が見つかるんだ、と。その中で圧倒的なライトパーソンに出会えたことに何よりびっくりしました。 候補者リストを見て「まさに会いたかった人!」って二人で盛り上がりました。

  • CASE 03

    AGC株式会社

    ビザスクに案件を相談してから、アドバイザーのリストを提供いただけるスピードが非常に速いので、ハイペースで情報収集を進められるようになっています。1番速かったときは、 ビザスクに相談して3日後には面談できた案件もありました。痒いところに手が届くバックグラウンドをお持ちのアドバイザーに出会えるので、中途半端なヒアリングにならないのは良いと思います。

  • 導入企業例