ニュース

  • 『日経産業新聞』にてビザスクを紹介いただきました

    本日の日経産業新聞にてビザスクを紹介いただきました。
    【「シェア」普及、VB存在感。多様な分野で新ビジネス】の特集にて、スキルシェアのサービスとして紹介いただいております。

  • 『SankeiBiz』にてビザスクを紹介いただきました

    経済紙『フジサンケイビジネスアイ』のオンライン情報サイト『SankeiBiz』にて、ビザスクを紹介いただきました。

     

    ▼主婦の働き方、多様化進む 在宅ワーク拡大、IT普及や労働力不足が追い風
    http://www.sankeibiz.jp/econome/news/161229/ecd1612290500001-n3.htm

  • 『PRESIDENTOnline』にて代表端羽のインタビューが掲載されました

    ビジネス誌「プレジデント」を発行するプレジデント社が運営する総合情報サイト『PRESIDENTOnline』にて代表端羽のインタビューが掲載されました。


    ▼海外生活、出産。「寄り道」もすべて自分のキャリアになる
    http://president.jp/articles/-/20990

  • 『熊本日日新聞 』にてビザスクを紹介いただきました

    本日の熊本日日新聞にて、ビザスクの紹介と代表端羽のコメントを掲載いただきました。


    ▼副業の効果
    http://kumanichi.com/syatei/201612/20161227001.xhtml

  • 『日本経済新聞』にて筑波銀行との提携を紹介いただきました

    12月23日(金)の日本経済新聞の地域経済面にて筑波銀行との提携を紹介いただきました。


    ▼筑波銀 ビザスクと提携、コンサル時優遇
    http://www.nikkei.com/article/DGKKZO11005850S6A221C1L60000/

  • PRESIDENT社から出版された【起業家のように考える。―ゼロからはじめるビジネス成功の方程式】に代表端羽のインタビューが掲載されました

    雑誌プレジデントの人気連載「田原総一朗 次代への遺言」を書籍化した、【起業家のように考える。―ゼロからはじめるビジネス成功の方程式】にて代表端羽のインタビューが掲載されました。

    ■内容について
    メルカリ、スマートニュース、ドワンゴ、ビズリーチ、ラクスル……いま話題のサービスを立ち上げた起業家は、何もないところからどのように発想し、人を集め、資金を集め、ビジネス化したのか。また、自身のキャリアをどう形成して現在に至るのか。18人の生い立ちから創業まで、さらに次の事業展開までジャーナリスト田原総一朗が鋭く切り込む。


    ■起業家のように考える。―ゼロからはじめるビジネス成功の方程式
    http://presidentstore.jp/books/products/detail.php?product_id=2750

    81fSFcoR94L

  • 筑波銀行と業務提携を開始いたしました

    ビザスク、筑波銀行との業務提携で地方創生を促進
    〜地域企業の経営支援にスポットコンサルを提供へ〜


    企業と個人の知見をマッチングするスポットコンサルティングプラットフォーム「ビザスク」を運営する株式会社ビザスク(本社:東京都新宿区、代表取締役 端羽英子、以下「ビザスク」)は、株式会社筑波銀行(本店:茨城県土浦市、代表取締役頭取 藤川雅海、以下「筑波銀行」)との業務提携契約を12月20日に締結いたしましたので、お知らせいたします。

     

    「筑波ふれあい倶楽部」と連携、地域を超えた 25,000名超の知見活用による経営支援を目指す

     

    ■ 業務提携の背景と狙い

     

    筑波銀行は「First Call Bank(ファースト・コール・バンク)」を将来ビジョンに掲げ、茨城県を中心とした地域の皆様のために質の高いサービスや商品を一早く提供することで「最初に相談したい銀行」になることを目指して、現在様々なサービスを提供しております。
    その中で、会員制の総合経営支援サービス「筑波ふれあい倶楽部」※を運営しており、地域企業が素早く必要な情報にアクセス可能な場を提供しております。

    今回の業務提携により、「筑波ふれあい倶楽部」の会員企業は会員向けスポットコンサルティング・サービス(以下、スポットコンサル)を利用して25,000名超のアドバイザーに相談が可能になります。
    一方、ビザスクはスポットコンサルを提供する25,000名超のアドバイザーの活躍の機会を増やすことが可能になります。
    また、地域企業への活用促進や共同セミナー開催等を通して、地域経済の持続的発展に向けた取り組みを進め、地方創生に貢献することを目指します。

    ※ 筑波ふれあい倶楽部とは

    企業経営者・経営企画・事業開発・総務人事等の方を対象とした会員制の総合経営支援サービス。様々な分野の課題解決のために、用途に合わせて必要な情報に素早くアクセスが可能な会員制ビジネスサイトの運営の他に、経営にすぐ役立つという視点で企画を行いビジネス交流会やセミナー等を開催しております。

    ビザスクは、以前より鳥取銀行との業務提携を行う等、地方創生、地方活性化への取り組みを進めております。 (鳥取銀行との提携について >> http://visasq.co.jp/archives/6374 )
    今回は銀行との提携の第二弾となりますが、引き続き地方銀行との提携を進めスポットコンサルを通じて地方創生に貢献してまいります。

     

    《株式会社ビザスクについて》

    ビジネス相談ニーズに対し個人が対面や電話で相談に応えるスポット制のコンサルティングサービス。現役の役職員を中心に、企業OB、フリーコンサルタントなど25,000名超が登録。組織、世代、地域を超えて、個人の知見を活かしビジネス課題を解決する、知見分野のシェアリングエコノミーを推進。


    サービスページ >> https://service.visasq.com/


    所在地:東京都新宿区西新宿 6-15-1 ラ・トゥール新宿 502号室
    設立:2012 年 3 月 資本金 33,335 万円(資本準備金を含む)
    代表取締役:端羽 英子
    URL:http://visasq.co.jp/

    ■お問合せ
    株式会社ビザスク
    広報:小酒井
    mail:pr@visasq.com

  • 年末年始休暇のお知らせ

    当社は下記の期間を年末年始休業日とさせていただきます。


    2016年12月30日(金)〜 2017年1月3日(火)


    新年は1月4日(水)より通常営業を開始いたします。
    ※休業期間中にいただきましたお問合せは、1月4日(水)より順次対応させていただきます。皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い致します。

  • 【事例公開】第二弾:コニカミノルタ株式会社 ビジネスイノベーションセンター様

    ビザスク活用事例を掲載するCASE SUTDY
    今回は株式会社コニカミノルタの新事業創出の専門組織ビジネスイノベーションセンター(BIC)様、第二弾の事例公開です。


    新規事業のプロトタイプ開発フェーズにてスポットコンサルを活用いただき、事業仮説を検証を行い、次の一手の精度アップにつながったとコメントをいただいております。


    ▼コニカミノルタ BIC様の活用事例はこちらから
    https://case.visasq.com/vq/konicaminolta_2/

  • 『日本経済新聞』にてビザスクを紹介いただきました

    本日の日本経済新聞朝刊、企業面にてビザスクを紹介いただきました。

    ▼副業、社員の力アップ 本業と相乗効果も(有料会員限定記事です)
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO10815070Y6A211C1TJC000/


    ▼取材いただきました、コニカミノルタさんの詳細な事例はこちらから

    【新規事業の初期フェーズ】臭気判定士・調香師4名の専門的な業務に従事する方の「生の声」を収集
    >> https://case.visasq.com/vq/konicaminolta/

    【プロトタイプ開発フェーズ】事業仮説を検証し、次の一手の精度アップに
    >>  https://case.visasq.com/vq/konicaminolta_2/