ビザスク

ビザスク

セミナー

  • 「イノベーションは知らないところで起きている」【イトーキ共催】

    株式会社ビザスクは2016年4月21日(木)18時30分より株式会社イトーキとの共催で、ガリバーインターナショナル新規事業開発室 室長の北島様をゲストに迎え、「イノベーションは知らないところで起きている」をテーマにセミナーを開催いたします。

    これまで計7回「オープンイノベーション・ラボ」を開催しておりますが、今回は変革期を迎えている自動車業界の中で「新たなクルマ社会」を目指して”Guliver Accelerator”を展開された背景と成果をお話しいただく機会を、新しいビジネスのつくりかたを支援する株式会社イトーキの協力のもとで得ることができました。

    今回はその株式会社イトーキの「ITOKI Tokyo Innovation Center SYNQA」にて北島様に「これからのイノベーション創出」についてお話頂き、皆様と「事業会社におけるイノベーションと外部活用」についてディスカッションしていきます。講演の後には懇親会もご用意しておりますので、奮ってご参加ください。

  • 「知財をめぐる世界的な潮流とオープンイノベーション戦略」【 visasQ × Linkers 】

    株式会社ビザスクは2016年6月15日(水)15時30分よりリンカーズ株式会社と共催で、三井物産株式会社 企業投資部 部長補佐の早川様をゲストに迎え 「知財をめぐる世界的な潮流とオープンイノベーション戦略」をテーマにオープンイノベーションセミナーを開催いたします。

     

    2013年より、休眠特許を買い取り、新興国などの企業に貸し出す知的財産ファンドが、三井物産・パナソニック・産業革新機構の三社にて立ち上がり、日本企業の知的財産の活用推進をはじめています。

    今回で第8回目となる「オープンイノベーション・ラボ」では、知財の扱いや情報の扱いが壁となり、「オープンイノベーション」が形だけになってしまう企業もまだまだ多い中で、同ファンドの立ち上げをリードされた早川様を迎えて、その背景や知財活用の現状とオープンイノベーションのあり方についてお話頂き、それを踏まえて「知財をめぐる世界的な潮流とオープンイノベーション戦略」について議論していきます。

    これまでとは異なる切り口でオープンイノベーションを考えていきますので、皆様奮ってご参加ください。

     

  • プラチナ社会研究会「シェアリングエコノミー分科会」第一回【家庭支援と女性活躍】

    株式会社三菱総合研究所が事務局となって運営しているプラチナ社会研究会内にて株式会社ビザスクと株式会社三菱総合研究所の共同提案で「シェアリングエコノミー分科会」を立ち上げました。

    全4回にわたって「シェアリングエコノミーを活用したこれからの企業のあり方」について参加者の皆様と一緒に議論していきます。

    2016年6月21日(火)に早速第一回分科会を”【家庭支援と女性活躍】競争力向上を支える女性活躍のために必要なこと”をテーマに開催いたします。

    ゲストには「子育てシェア」を運営する株式会社AsMama代表取締役の甲田恵子様、家事シェア「タスカジ」を運営するブランニュウスタイル株式会社代表取締役の和田幸子様、2014年より3年連続でなでしこ銘柄に選ばれ女性活躍を推進している株式会社日立製作所 人財統括本部 副統括本部長 田宮直彦様の3名お招きしてご講演いただきます。

    その後、参加者とゲストの方を交えて「女性活躍という視点でシェアリングエコノミーを活用するために何が必要か」について議論を進めてまいります。

    シェアリングエコノミー元年と言われる本年に、企業/行政としてシェアリングエコノミーを考える機会にして参りますので、皆様の参加をお待ち申し上げております。