ビザスク

ビザスク

このイベントは満了です。
このイベントは終了しています。

コトビジネス 創出に向けたデザイン思考のあり方

セミナー終了

セミナーレポート公開中



2019年11月25日に株式会社ビザスク主催にてコニカミノルタ株式会社、三菱電機株式会社、 日本精工株式会社の3社に登壇いただき、新規事業創出セミナー「コトビジネス創出に向けたデザイン思考のあり方」を開催しました。

本レポートでは、デザイン思考によるビジネス創出に挑まれている各社の取り組みに関する講演内容をお送りします。

ぜひフォームをご入力の上、セミナーレポートをダウンロードください。

■こんな方におすすめ

・大企業で新規事業開発に取り組まれている
・新規事業の企画立案のヒントを得たい
・他社のデザイン思考の取り組みを知りたい

■レポート内容

・三菱電機 デザイン研究所におけるデザイン思考の活用
・コトビジネス創出に向けたデザイン思考のあり方
・NSKにおける「コトビジネス」の探検
・Q & A

■登壇者

  • 儘田 大地 氏

    三菱電機株式会社

    多摩美術大学 グラフィックデザイン学科 広告専攻修了。社会インフラ関連を中心に、製品というよりもカタチの無い問題に対する課題解決に携わってきている。特にデザイン思考を活用ながら、新規事業、ビジョン創出の場面で実践中。

  • 岩松 直明 氏

    コニカミノルタ株式会社

    京都工芸繊維大学大学院デザイン経営工学専攻修了後、コニカミノルタ株式会社へ入社。プロダクトデザイナーとして製品デザインを手掛けながら、新規事業開発のコンセプト立案からサービスデザインまで幅広いデザイン開発に従事。近年は、スペキュラティブデザイン等の新たな思考法と新規事業開発を繋げる研究等も行う。

  • 中村 剛 氏

    日本精工株式会社

    オープンイノベーション推進窓口、アイデア創出に対する手法導入、人材育成を担当中。機械メーカにありがちなプロダクトアウト体質からの脱皮を目指し、市場分析にシステム思考、潜在ニーズ発掘や価値創造にデザイン思考を社内展開している。

■会場住所