ビザスク

ビザスク

このイベントは満了です。
このイベントは終了しています。

DX時代の新市場の創り方
ーテクノロジーの社会実装の方法とはー

セミナー終了

セミナーレポート公開中



近年、AI・ブロックチェーン・IoTなど、先進的な技術開発や、それらを活用した製品・サービスの開発が進んでいます。しかし、イノベーティブな製品やサービスを生み出しても、なかなか顧客や市場、社会に受け入れられない、という課題をお持ちの方も多いのではないでしょうか。いくら新しいテクノロジーが開発されても、それを受け取る社会が変わらなければ、新しいテクノロジーが活きることはありません。そのため、イノベーションを生み出すためにはいかに社会を変えてテクノロジーを社会実装するかという観点が重要になります。

そこで、ビザスクでは東京大学 FoundX ディレクターの馬田隆明氏をお迎えし、DXの実現や新しいテクノロジーの社会実装の方法について説明するセミナー「DX時代の新市場の創り方~テクノロジーの社会実装とは~」を開催いたしました。本レポートでは、その内容を紹介いたします。

ぜひフォームをご入力の上、セミナーレポートをダウンロードください。

■こんな方におすすめ

・DXや新規事業に課題をお持ちの方
・新しいテクノロジーの開発や市場導入を行っている方
・新しいマーケットの開拓に課題をお持ちの方

■レポート内容

・これまでの10年と、これからのビジネス環境
・「社会との実装」をするための方法論~社会実装のための五つの要素
 (1)デマンド
 (2)インパクト
 (3)リスクと倫理
 (4)ガバナンス
 (5)センスメイキング
・Q & A

■登壇者

  • 馬田 隆明氏

    東京大学 産学協創推進本部 FoundX ディレクター

    University of Toronto 卒業後、日本マイクロソフトでの Visual Studio のプロダクトマネージャーを経て、テクニカルエバンジェリストとしてスタートアップ支援を行い、2016年から東京大学。東京大学ではスタートアップの支援とアントレプレナーシップ教育に従事する。スタートアップ向けのスライド、ブログなどで情報提供を行っている。著書に『逆説のスタートアップ思考』『成功する起業家は居場所を選ぶ』『未来を実装する』。

■会場住所