ニュース

  • PRESIDENT Onlineに掲載 〜「新しい副業」相談に乗って時給1.5万也〜 NEW

    6月14日のPRESIDENT Onlineにて、ビザスクについてご紹介いただきました。

     

    ▼「新しい副業」相談に乗って時給1.5万也 〜スキマ時間で自分の経験をお金に!〜

    http://president.jp/articles/-/22309

  • 『日本経済新聞』に掲載〜広島銀、コンサルとの連携 創業間もない企業を支援〜 NEW

    日本経済新聞にて、広島銀行との業務提携についてご紹介いただきました。

     

    ▼広島銀、コンサルと提携 創業間もない企業を支援

    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17383060W7A600C1LC0000/

  • 【第2回WAIGAYA!開催】大手企業 新規事業担当者が「現場での実行」を発信・シェア!今回はスタートアップ2社も参加

    ビザスクでは、「新規事業開発現場での生々しい知見」を発信・シェアし、明日からの事業開発に活かす場として前回に引き続き、新規事業担当者のLTイベント”WAIGAYA!”の第2回を開催しました。

     


    今回はにも参加していただき、大企業の発信・シェアに加えてスタートアップから最先端のサービスを取り込み、連携を探る場にもなりました。

    参加企業一覧(敬称略):
    アイホン株式会社、NTTデータ、住友商事株式会社、ソネットメディアネットワークス、タマホーム株式会社、戸田建設株式会社、日揮、日本精工、LIXILグループ
    (スタートアップ)
    bot dock株式会社、株式会社情報医療

    今回のLTは事前にテーマ選択をいただき、
    ①今、新規事業を進める上でぶつかっている課題
    ②ここだけでしか言えない新規事業失敗談
    の2つのテーマでそれぞれお話いただきました。

    社内でぶつかっている課題、パートナー連携における課題や失敗談などオフレコトークも多く、その後のネットワーキングも非常に盛り上がりました。

     

    その中でも特に、今回話題に上がったのは
    ・固まっている組織の中でどう新規事業に取り組んでいるのか?
    ・新規事業やスタートアップとの共創において活躍する人材は?
    などでした。これらの点は多くの企業様で話題に上がるポイントですが、課題を抱えられている企業様は是非一度ご相談ください。

     

    次回開催は7月18日(火)を予定しておりますので、是非ご興味ある方はお早めにお申し込み下さい。

    ▶申込みはこちらから:http://eventregist.com/e/a90mDvnsXLAn

    (トップバッター:株式会社bot dock社 鈴木様)

    (スタートアップとの連携についてLT頂いたタマホーム社 飯田様)

    (中国での失敗談をLTして頂いた日揮社小島様)

     

     

     

     

    【WAIGAYA!のご紹介】


    次回開催:7月18日(火)19時〜
    申込みはこちらから:http://eventregist.com/e/a90mDvnsXLAn 

     
    ビザスクでは、社内組織活性化やアイデア創出を目的とした社内版”WAIGAYA!”の開催も今後積極的に進めてまいりますので、ご興味のある方は是非ご連絡下さい。
      
    ▼お問い合わせはこちらまで
    vq-ind@visasq.com
    / 050-5551-7485
  • 36,000名超が登録するスポットコンサル「ビザスク」、福井銀行との業務提携を開始 〜6つ目となる金融機関との業務提携により、地域を超えた知見シェアを加速〜

    36,000名超の知見をビジネス課題解決に1時間からマッチングする、日本最大級のスポットコンサルプラットフォーム「ビザスク」を運営する株式会社ビザスクは、福井県のリーディングバンクである福井銀行との業務提携契約を開始いたしました。本提携により金融機関との業務提携は計6行となり、また北陸地方における初の提携となります。今回の提携を機に、地方金融機関との連携をさらに強化し、地域を超えた知見シェアによる地方創生推進を加速してまいります。


    ■ 福井銀行との提携背景
     福井銀行は福井県におけるリーディングバンクです。福井銀行はビザスクとの連携を通じ、地域を超えて外部知見を活用することで、創業期を中心としたお取引先への支援を一層強化することが可能となります。ビザスクは、北陸地方において初となる地方銀行との提携を通じ、北陸地方の地域活性化への取り組みを更に強める形となります。

     

    ■ 福井銀行との業務提携内容
    1.ビザスクを活用した取引先支援体制の強化
    業務提携に伴い、福井銀行のお取引先に対する支援強化を目的として、以下のサービスを協働で提供してまいります。

    対象① 福井銀行経由でお申込の全てのお客様
    特典:webマッチング「ビザスク」ご利用最大2回まで30%OFF

     

    対象② 「創業支援ファンド」ご利用のお客様
    特典:webマッチング「ビザスク」初回ご利用無料

     

    2. 地域事業者向け成長支援策の共同検討と新たな機能開発への連携
    福井銀行のお取引先へ当社が提供するビザスクの活用促進を進めてまいります。具体的には、各行とのセミナー共催、『ビザスク』活用の提案等を予定しております。
    また、各行のお客様が知見をより手軽に活用できるよう、ビザスクの新たな機能開発に向けた連携を行ってまいります。

    ■ ビザスクとは
    ビジネス相談ニーズに対し個人が対面や電話で相談に応えるスポット制のコンサルティングサービス。現役の役職員を中心に、企業OB、フリーコンサルタントなど36,000名超が登録。組織・世代・地域を超えて、個人の知見を共有しビジネス課題を解決する、知見分野のシェアリングエコノミーを推進。

    ■ 株式会社ビザスク
    所在地:東京都目黒区青葉台4-7-7 住友不動産青葉台ヒルズ10F
    設立:2012年3月
    資本金:33,335万円(資本準備金を含む)
    代表取締役CEO:端羽 英子
    URL:http://visasq.co.jp/
    広報担当:平田
    pr@visasq.com / 03-6407-8405

  • 36,000名超が登録するスポットコンサル「ビザスク」、広島銀行との業務提携を開始 〜中国地方の創業支援に向け、地域を超えた知見シェアを加速〜

    36,000名超の知見をビジネス課題解決に1時間からマッチングする、日本最大級のスポットコンサルプラットフォーム「ビザスク」を運営する株式会社ビザスクは、株式会社広島銀行との業務提携契約を5月31日に締結致しました。今回の提携を機に、地方金融機関との連携をさらに強化し、地域を超えた知見シェアによる地方創生推進を加速してまいります。


    ■ 広島銀行との提携背景
     広島銀行はビザスクとの連携を通じ、地域を超えて外部知見を活用することで、創業期を中心としたお取引先への支援を一層強化することが可能となります。ビザスクは、広島銀行との提携を通じ、中国地方の地域活性化への取り組みを更に強める形となります。

     

    ■ 広島銀行との業務提携内容
    1.「ビザスク」を活用した取引先支援体制の強化
     新規創業されたお取引先に対する支援強化を目的としてスポットコンサルティングサービス「ビザスク」を協働で提供してまいります。

     

    2.セミナーの共催と新サービス開発への連携
     広島銀行のお取引先の成長支援に向け、セミナー共催の検討や、「ビザスク」を活用した新サービスの開発について連携してまいります。


    ■ ビザスクとは
    ビジネス相談ニーズに対し個人が対面や電話で相談に応えるスポット制のコンサルティングサービス。現役の役職員を中心に、企業OB、フリーコンサルタントなど36,000名超が登録。組織・世代・地域を超えて、個人の知見を共有しビジネス課題を解決する、知見分野のシェアリングエコノミーを推進。


    ■ 株式会社ビザスク
    所在地:東京都目黒区青葉台4-7-7 住友不動産青葉台ヒルズ10F
    設立:2012年3月
    資本金:33,335万円(資本準備金を含む)
    代表取締役CEO:端羽 英子
    URL:http://visasq.co.jp/
    広報担当:平田
    pr@visasq.com / 03-6407-8405

  • 新規事業担当者が「現場での実行」を発信・シェアするピッチイベント”WAIGAYA!”を開催しました。

    ビザスクでは、「新規事業開発現場での生々しい知見」を発信・シェアし、明日からの事業開発に活かす場として5月12日に新規事業担当者のLTイベント”WAIGAYA!”を開催しました。


    ======================================================================

    ■”WAIGAYA”開催の背景

    ビザスクでは、これまで大手企業300社強の新規事業開発における業界調査やユーザーインタビュー等の場面でスポットコンサルを提供し、外部知見の活用を通じたオープンイノベーションを推進してまいりました。

     

    その中で、新規事業担当者自身は多様な悩みや課題を抱えている一方で、それをサポートする情報に触れる機会や相談相手が限られ、手探りの中で事業創出に取り組んでいることが見えてきました。新規事業における悩みや課題、それらを乗り越えた方法、また失敗事例は世の中には出てきづらく、その性質上表面的なものが多くなってしまいます。しかし、本当に新規事業担当者が知りたいことは「現場での実行」に関する知見です。

     

    本イベントではそんな現場での実行における悩みや課題、事例を担当者自身が発信・シェアし、知見共有をすることで、翌日からの「現場での実行」に活かしてもらい、日本におけるイノベーション創出が加速することを目指します。 (プレスリリースから一部抜粋)

     

    ======================================================================
    ■ルール:
    ・参加者は新規事業担当者限定10名で、全員必ず3分間ピッチ(+2分質疑応答)
    ・LTテーマは新規事業の◯◯(課題や悩み、失敗、手法etc.)
    ・イベントスタートと共に乾杯して、文字通りワイワイ・ガヤガヤしながら実施
    ======================================================================

     

    参加企業:旭硝子/三井不動産/アイホンなど10社

    (左写真:開始前のネットワーキング / 右写真:トップバッター三井不動産 光村様)

     

    ピッチはオフレコトークも満載で、各担当者のピッチに対して、お互いに鋭いツッコミをしながら大盛り上がりでした。詳細はお伝えできないのですが、担当配属後の最初のアクションから事業提案後の課題や新規事業チームの構成、評価制度問題まで、幅広いテーマが繰り広げられました。

     

    (LT内容)
    ・新規事業を必要としている部署とそうでない部署
    ・新規事業担当者の適切な評価とは
    ・うまくいかなかった取り組み事例
    ・何から始めていくべきか
    ・自社の商品の新しい展開可能性
    ・新規事業がなぜ面白いか
    ・アクセラレータープログラムについて
    ・デザイン思考とは

     

    次回開催は6月12日(月)を予定しておりますので、是非ご興味ある方はお早めにお申し込み下さい。

    申込みはこちらから:http://eventregist.com/e/0nsKmEubURJc

     

    ビザスクでは、社内組織活性化やアイデア創出を目的とした社内版”WAIGAYA!”の開催も今後積極的に進めてまいりますので、ご興味のある方は是非ご連絡下さい。

    vq-ind@visasq.com / 050-5551-7485

  • ビザスク、大手企業新規事業担当者が自らの実践を発信・シェアするMeetup event “WAIGAYA”をスタート ~「現場での実行」における知見共有を通じたイノベーション創出を加速~

    企業と35,000名超の個人の知見を1時間からマッチングするスポットコンサルプラットフォーム「ビザスク」を運営し、オープンイノベーションを推進する株式会社ビザスクは、大企業のイノベーション創出加速に向けて各社の新規事業担当者自身が互いに日々の実践からの学びを発信、シェアし、ナレッジを共有する場としてMeetup event”WAIGAYA”を本日5月12日から開始することをお知らせ致します。



    企業と35,000名超の個人の知見を1時間からマッチングするスポットコンサルプラットフォーム「ビザスク」を運営し、オープンイノベーションを推進する株式会社ビザスクは、大企業のイノベーション創出加速に向けて各社の新規事業担当者自身が互いに日々の実践からの学びを発信、シェアし、ナレッジを共有する場としてMeetup event”WAIGAYA”を本日5月12日から開始することをお知らせ致します。ビザスクは本イベントを通じて、表面的な新規事業創出論ではない、実践を通じた学びをお互いに共有することで、イノベーションを加速させることを目指します。尚、本イベントは今後毎月1回開催していく予定です。

    ■第1回開催概要
    日時 :2017年5月12日(金)19:00(開場)-21:30
    会場 :SENQ青山
    対象 :大手事業会社の新規事業/R&Dご担当者様
    主催 :株式会社ビザスク
    お申込みページ:http://eventregist.com/e/fWZv8LVH4syK


    ■”WAIGAYA”開催の背景
    ビザスクでは、これまで大手企業300社強の新規事業開発における業界調査やユーザーインタビュー等の場面でスポットコンサルを提供し、外部知見の活用を通じたオープンイノベーションを推進してまいりました。
    その中で、新規事業担当者自身は多様な悩みや課題を抱えている一方で、それをサポートする情報に触れる機会や相談相手が限られ、手探りの中で事業創出に取り組んでいることが見えてきました。新規事業における悩みや課題、それらを乗り越えた方法、また失敗事例は世の中には出てきづらく、その性質上表面的なものが多くなってしまいます。しかし、本当に新規事業担当者が知りたいことは「現場での実行」に関する知見です。

    本イベントではそんな現場での実行における悩みや課題、事例を担当者自身が発信・シェアし、知見共有をすることで、翌日からの「現場での実行」に活かしてもらい、日本におけるイノベーション創出が加速することを目指します。


    <開催日程>
    6/12(月)、7/12(水)※8月以降は日時確定次第順次HP等でご案内させて頂きます。
    尚、直近の開催は東京を予定しておりますが、今後大阪での開催も検討しております。


    ■イベント参加等に関するお問い合わせ

    株式会社ビザスク オープンイノベーション推進室
    vq-ind@visasq.com / 050-5551-7485

    ■株式会社ビザスク概要
    代表者:代表取締役CEO 端羽英子
    本社所在地:東京都目黒区青葉台4-7-7 10F
    設立:2012 年 3 月 資本金 33,335 万円(資本準備金を含む)
    URL: http://visasq.co.jp/
    事業概要:「世界中の知見をつなぐ」をビジョンに掲げ、ビジネス相談ニーズに対し個人が対面や電話で相談に応える、1 時間からのスポット制コンサルティングサービス「ビザスク」を運営。現役の役職員を中心に、企業 OB、フリーコンサルタントなどの「アドバイザー」約 35,000 名が登録。組織、世代、地域を超えて、個人の知見を活かしビジネス課題を解決する、知見分野のシェアリングエコノミーサービスを通じ、働き方改革(一億総活躍、副業推進)やオープンイノベーションを推進している。

    ■本リリースに関する報道関係のお問い合わせ
    株式会社ビザスク 広報:田中,平田
    03-6407-8405 / 070-5545-1952 (報道関係者専用) / pr@visasq.com
  • 日経産業新聞に掲載〜家事代行 福利厚生に〜

    2017年4月18日付日経産業新聞にて弊社初の福利厚生プログラム「家事代行無料利用制度」をご紹介頂きました。

    「家事代行 福利厚生に ビザスク 全社員に無料で提供」

  • ビザスク、全社員対象、全額会社負担の福利厚生プログラム 「家事代行無料利用制度 」を導入 〜「もっと働きたい」を支援し、ダイバーシティ&インクルージョンを推進〜

    1 時間からのスポット制コンサルティングサービス「ビザスク」 https://service.visasq.com/ を運営する株式会社ビザスクは、従業員の「もっと働き たい」を支援し、多様な働き方と生産性向上を実現するために、子育て中の正社員 のみならず、独身の社員までを対象とした「家事代行無料利用制度 」を 2017年4月18日より導入致します。家事代行サービスの福利厚生プログラムを、全額会社負担で、全社員を対象に導入したケースは、国内で他に類を見ません。

     

     

    ■「家事代行無料利用制度」導入の背景

     

    ビザスクでは 2013 年10月のサービス開始以来、”組織、世代、地域を超えて知見を集積し、つなぐことで世界のイノベーションに貢献する”というミッションを掲げ、 会社員から定年退職後のシニア、子育て・介護中の方まで、誰もが自身の知見やキャリアを活かして活躍できるプラットフォームづくりをとおして、一億総活躍社会の実現に寄与しております。


    さらに、自社においてもダイバーシティ&インクルージョンを大切にし、柔軟なリモート勤務や子連れ出勤を可能にするなど、様々な取組みを行ってきました。

    今回の「家事代行無料利用制度」導入では、子育て中の正社員のみならず、独身社員まで、全ての社員の家事労働時間を削減することができます。個々人の「もっと働きたい」ニーズを支援することが可能になり、社員の多様な働き方の実現と生産性向上が期待できます。

    ビザスクは、自ら「働き方改革」を実践し、誰もが活躍できる環境を整備していくことで優秀な社員を集め、社会全体の「働き方改革」推進に貢献してまいります。

     

     

    ■「家事代行無料利用制度」について


    「家事代行無料利用制度」導入にあたり、ビザスクは家事代行サービス提供企業と連携して社員の利用を促進していきます。

     

    第一弾として、まずは「CaSy(カジー)」を運営する株式会社 CaSy(本社:東京都千 代田区、代表取締役 CEO:加茂雄一、 以下 カジー)が提供する法人プランの導入を行ない、利用を開始します。

     

    対象:全社員
    利用料:全額会社負担
    利用上限:月2回(各回 2 時間)


    また、今後カジー以外にも、「家事代行無料利用制度」対象サービスを拡大していく予定です。

     

     

    ■代表取締役 CEO 端羽英子よりコメント


    ビザスクは、「組織・世代・地域を超えて知見をつなぐ」に共感したメンバーが集まるスタートアップです。自分自身が仕事と育児の両立に苦労したり、家族の転勤でキャリアが中断したり、様々な背景があるからこそ、ミッションの実現にやりがいを感じて集ってくれたメンバーも複数います。

    私は、そんなメンバーを心から応援したいと思っていますし、また、そんなメンバーをサポートしてくれる、子育てや家族の事情の制限がないメンバーのがんばりにも心から感謝しています。

    平日になんとか仕事と育児の両立を頑張ったメンバーが、ゆっくりした週末を過ごせるように。急遽子供の熱が出て早退したメンバーのサポートで一日中忙しかったメンバーが、つくりおきご飯でゆっくりおいしい夕飯が食べられるように。
    平日頑張ってくれたメンバーが、週末にパートナーとゆっくりした週末を過ごせるように。仕事以外のストレスを少しでも減らし、新しい価値の実現に皆で頑張っていきたい、と思っています。

    私自身、ベビーシッターや家事代行に大変お世話になってきましたが、「母親が完璧に家事をせねば」「家事は自分でしなくては」「家事は家族で分担せねば」などの思い込みを捨てる勇気が必要でした。今回の制度導入が、じつは勝手に感じていただけかもしれない社会的なプレッシャーを忘れ、他の人にお願いできることはお願いしてみよう、と思うきっかけになればと思います。

     

    ■株式会社ビザスクについて


    ビジネス相談ニーズに対し個人が対面や電話で相談に応える、1 時間からのスポット制コンサルティングサービス「ビザスク」を運営。現役の役職員を中心に、企業 OB、フリーコンサルタントなどの「アドバイザー」約 35,000 名が登録。組織、世代、地域を超えて、個人の知見を活かしビジネス課題を解決する、知見分野のシェアリングエコノミーサービスを通じ、働き方改革(一億総活躍、副業推進)やオー プンイノベーションを推進している。

     

    サービスページ >> https://service.visasq.com/

     

    所在地:東京都目黒区青葉台 4-7-7 住友不動産青葉台ヒルズ 10F
    設立:2012 年 3 月
    資本金:33,335 万円(資本準備金を含む)
    代表取締役 CEO:端羽 英子

     

    URL: http://visasq.co.jp/

     

    ■本リリースに関する報道関係のお問い合わせ
    株式会社ビザスク 広報:田中、平田
    03-6407-8405 / 070-5545-1952(報道関係者専用) / pr@visasq.com

  • 日本経済新聞に掲載〜企業の海外進出を支援〜

    2017年4月7日付日本経済新聞にて企業のグローバルにおけるイノベーション創出を支援するVQ Globalチーム発足についてご紹介頂きました。
    WEB掲載はこちら >> http://www.nikkei.com/article/DGXLZO15024110W7A400C1TI1000/

    「企業の海外進出を支援」

1 2 3 4 5 6 24