ビザスク

ビザスク

このイベントは満了です。
このイベントは終了しています。

生公開!通訳を交えたインタビュー本番「海外インタビューセミナー」

7月1日(木)09:30-11:00

オンライン配信(Zoom)

今回のセミナーでは、海外アドバイザーへの実際のインタビューをリアルタイムでご覧いただける「公開インタビュー」を実施します。特に今回は、新規事業担当者が「海外トレンドを海外スタートアップからヒアリング」するケースをイメージして開催しますので、新規事業担当者の皆様はぜひご参加ください。

【インタビューテーマ】
「フェムテック領域の最新トレンド」

【インタビュアー】
ビザスクのパートナーとして多数の大手企業の新規事業を支援し、またフェムテック領域で起業したvivola株式会社CEO角田夕香里様を予定

【インタビュイー】
NY拠点のバイオテクノロジースタートアップCelmatix Inc.のChief Business Officerにご登壇いただきます。

今回は実際のインタビューを想定し、日英逐次通訳を手配しておこないますので、インタビュー本番がどういった流れで進むのか、時間配分はどのようにしたらいいのか、そもそも海外アドバイザーにヒアリングはうまくできるものなのか、などの点を本番を見ながら払拭いただければと思います。

時間の関係上インタビュー実施時間を通常の60分から50分と短縮させていただきますが、前後にはインタビューガイドの説明や振り返りも行なっていきます。

「インタビューに興味はあるがまだ経験が無い方」や「気軽に海外からも情報収集を行いたい」向けに業界理解をするためのインタビューを実際にご覧いただける機会となっておりますので、ぜひ多くの方にご参加いただければと存じます。

※本セミナーは「Zoom」を使用したオンラインセミナーとなります。

■こんな方におすすめ

・これから新規事業開発に取り組まれる予定の方
・インタビュー経験のない方
・インタビュー経験はあるが、通訳を交えたインタビューに自信がない方
・海外出張がなくなり情報収集にお困りの方
・USにおけるフェムテック市場の動向を知りたい方・フェムテックのビジネスモデルを知りたい方

※本セミナーの対象外の方、個人の方、ご同業の方のご参加はお断りさせていただいております

■参加費用

無料

■セミナー内容

・インタビュー概要について
・公開インタビュー
テーマ:「USのフェムテック市場に関するインタビュー」
ーUSにおいてフェムテック市場が伸びた理由
ーフェムテックにおけるビジネスモデルとマネタイズの方向性
ーフェムテックサービスを企業が導入する事例
・インタビューの振り返り
・Q & A
・ビザスクのご紹介

※コンテンツの詳細は変更になる可能性がございます

■登壇者

  • 【インタビュアー】角田夕香里氏

    vivola株式会社 代表取締役CEO

    2009年ソニー株式会社入社。R&Dでデバイス開発に従事した後、同僚と社内新規事業提案制度を利用してライフスタイル製品を立ち上げ。2016年退社後は、フリーランスとして活動し、3年で50の新規事業プロジェクトを伴走し、近年は社会課題のテーマに積極的に参画。自身も婦人科系疾患や流産、不妊治療経験を経て、患者が治療を体系的に理解するための形式知化、治療のデータエビデンスへのアクセサビリティに課題を感じ、患者に寄り添うサービスを作りたくvivola株式会社を立ち上げる。

  • 【アドバイザー】Ali Siam

    Celmatix Inc. Chief Business Officer(Celmatix Inc.:卵巣の健康データを蓄積・活用し、女性の生活を変革する前臨床段階のバイオテクノロジー企業)

    Celmatix Inc.のChief Business Officerとして、バイオファーマのステークホルダーとのビジネス開発や戦略策定を担当。ヘルスケアおよびライフサイエンス分野の機能的な領域における戦略立案と運営の経験を持っている。Celmatix Inc.入社以前は、L.E.K. Consultingのチームリーダーとして、製薬会社、ヘルスケアサービス会社、バイオテクノロジー会社、機関投資家を対象に、治療領域を問わず、企業戦略、研究開発の優先順位付け、ポートフォリオ戦略、デューデリジェンスなどを担当。

  • 高橋 沙織

    事業法人部 事業開発第一チーム 事業開発担当

    株式会社東京急行電鉄に入社。鉄道事業本部において駅構内店舗や沿線店舗の開発に従事。その後、小規模国内コンサルティングファームにて新規事業立案プロジェクトや全国規模の営業代理店を持つ企業の営業成績のデータ分析のプロジェクト等を担当。 その後、宿泊業界を経験し、2020年10月よりビザスクに参画。事業法人部にて事業開発担当し、複数業界の新規事業・研究開発を支援する。

■会場住所

オンラインでの開催となります。