ビザスク

ビザスク

このイベントは満了です。
このイベントは終了しています。

インサイト起点の事業開発の方法論
ー潜在的なニーズの見つけ方と活かし方ー

4月15日(木)16:00-17:10

オンライン配信(Zoom)

顧客のニーズが充足されている現在において、まったく新しいカテゴリーでなければ需要が喚起できなくなっております。そのため、顧客がまだ気がついていない潜在的なニーズ(インサイト)を見極め、それを製品/サービス開発を含む、マーケティング活動に活かして市場を開拓する方法の重要性が高まっています。

しかし、潜在的なニーズやインサイトを捉えるといっても漠然すぎるため、なにをどのようにすべきかがわからない、といったケースもあるのではないでしょうか。また、企業の中で新規事業を推進するにあたり、発見したインサイトを活かしていくことが重要ですが、そのためには今までの性能や品質重視のものづくりからインサイトを起点としたものづくり/ことづくりを行っていく必要があります。

今回は「インサイト」を活用した事業開発やマーケティングを日本に広めた第一人者である、株式会社インサイト代表の桶谷功氏をお迎えし、インサイト発見のための方法やそれをどのように活かしていくべきかの具体的な方法論についてご紹介します。

新製品開発や経営企画をご担当の方、またマーケターやリサーチャーの方に是非、ご参加いただきたい内容となります。なお、本セミナーではBtoBとBtoC両方に通じるテーマでご紹介いたしますので、是非、ご参加ください。

※本セミナーは「Zoom」を使用したオンラインセミナーとなります。

■こんな方におすすめ

・事業開発においてアイデア創出やニーズ調査に課題を抱えている方
・マーケティング戦略の立案に課題を抱えている方
・ユーザーインタビューなどの調査手法にご興味がある方
※本セミナーの対象外の方、同業会社の方の参加はお断りさせていただいております

■参加費用

無料

■セミナー内容

・セミナー趣旨のご案内
・株式会社インサイト 桶谷功氏 講演
・Q&A

※コンテンツの詳細は変更になる可能性がございます

■登壇者

  • 桶谷 功氏

    株式会社インサイト 代表取締役

    大日本印刷を経て、外資系広告会社 J.ウォルター・トンプソン 戦略プランニング局 執行役員。ハーゲンダッツ等の育成に貢献。2005年、初著「インサイト」(ダイヤモンド社)で日本に初めてインサイトの考え方を体系的に紹介。2010年インサイト社を創設。独自のメソッドを提唱し、事業戦略、新製品・サービス開発、ブランド育成等のコンサルティングを行う。実績は、BtoCの食品・日用品・クルマ・ファッションEC・テック系事業から、BtoBのWebサービス・事務機・製薬まで多岐にわたり、インド・中国での戦略開発も行う。他著に「インサイト実践トレーニング」「戦略インサイト」(ダイヤモンド社)。企業や協会での講演多数。日本広告学会会員。グロービス経営大学院MBA講師。

■会場住所

オンラインでの開催となります。