ビザスク

ビザスク

このイベントは満了です。
このイベントは終了しています。

フィンランドのイノベーティブな働き方と組織づくり

2月8日(火)16:00-17:15

オンライン配信(Zoom)



イノベーションを起こすためには、中長期的な視点、常識にとらわれない自由な発想、風通しのよい組織風土やコミュニケーションが重要です。

しかし、目先の業務対応に追われ、そのような「余裕」を持つことが難しい方も多いのではないでしょうか?

一方、グローバルに目を向けると、生産性の高い働き方を実現している国があります。

フィンランドは、2018年から4年連続で「幸福度ランキング世界一」。
午後4時には仕事を終え帰宅、有休消化は100%が当たり前。

コロナ前からテレワークなど柔軟な働き方に力を入れ、生産性とウェルビーイングを兼ねそろえた世界一のワーキングカルチャーを目指しています。

しかし、1人当たりのGDPは約5万ドルと、日本の約1.25倍です。
また、世界的に有名なスタートアップイベント「Slush」を開催。
「ヨーロッパのシリコンバレー」とも呼ばれています。

なぜ、フィンランドでは生産性の高い働き方が実現できるのでしょうか?

本セミナーでは、ベストセラー「フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか」著者の、堀内 都喜子氏をお迎えします。

同著は、読者が選ぶビジネス書グランプリ2021にて「イノベーション部門賞」を受賞されました。

フィンランドの効率的な働き方やフラットな組織づくりについて、その背景となる考え方・価値観・文化まで踏まえてお話いただきます。是非ご参加くださいませ。

■こんな方におすすめ
・新規事業開発や、社内のイノベーション推進に携わっている方
・イノベーションを起こすための働き方や組織づくりにご関心をお持ちの方

■参加費用
無料

■セミナー内容
・ご挨拶とサービス紹介(5分)
・堀内氏ご講演(50分)
・Q&A(20分)

※本セミナーは「Zoom」を使用したオンラインセミナーとなります。
※本セミナーの対象外の方、個人の方、ご同業の方の参加はお断りさせていただいております。
※お申し込みが定員数を達した場合、受付を終了させていただく場合がございます。
※コンテンツの詳細は変更になる可能性がございます

■登壇者

■会場住所

オンラインでの開催となります。