ビザスク

ビザスク

このイベントは満了です。
このイベントは終了しています。

新規事業アイデアを生み出す イノベーションの起こし方

4月6日(水)16:00-17:15

オンライン配信(Zoom)



新規事業を成功させるためには、イノベーティブな発想で良質なアイデアを生み出すことが必要です。

しかし、「イノベーションを起こそう」という号令をかけつつ、実際にはオフィスの席に戻るとオペレーション、というケースも少なくないのではないでしょうか。

また、イノベーションとは結果であり、「自分は、いまイノベーションを起こしている」と思って、イノベーションを起こしている人はいないようにも思われます。

言葉の浸透度とは裏腹に、概念的でとらえにくい「イノベーション」。
企業では、具体的にどのように考え、実践すれば良いのでしょうか?

本セミナーでは「たった1人からはじめるイノベーション入門 何をどうすればいいのか、どうすれば動き出すのか」著者で、京都大学経営管理大学院 客員教授の竹林 一氏をお迎えします。

竹林氏は、オムロン株式会社 イノベーション推進本部 インキュベーションセンタ長、ドコモ・ヘルスケア代表取締役社長、オムロン直方代表取締役社長、オムロンソフトウェア代表取締役社長を歴任されました。

また、鉄道カードシステム事業、モバイル事業、電子マネー事業等、数々の新規事業開発を手掛けられました。

良質な新規事業アイデアを生み出し、企業においてイノベーションを実現するための「考え方のヒント」について、豊富な実体験をもとにお話いただきます。

是非ご参加くださいませ。

■こんな方におすすめ
・新規事業のアイデア創出に課題感をお持ちの方
・社内でイノベーションを起こすための考え方にご関心をお持ちの方

■セミナー内容
・ご挨拶とサービスのご紹介(5分)
・竹林氏 ご講演(50分)
・Q&A(20分)

■参加費用
無料

※本セミナーは「Zoom」を使用したオンラインセミナーとなります。
※本セミナーの対象外の方、個人の方、ご同業の方の参加はお断りさせていただいております。
※お申し込みが定員数を達した場合、受付を終了させていただく場合がございます。
※コンテンツの詳細は変更になる場合がございます。

■登壇者

  • 竹林 一氏

    京都大学経営管理大学院 客員教授
    オムロン株式会社 イノベーション推進本部 シニアアドバイザー

    “機械に出来ることは機械にまかせ、人間はより創造的な分野での活動を楽しむべきである”との理念に感動して立石電機(現オムロン)に入社。以後新規事業開発、オムロンソフトウェア代表取締役社長、インキュベーションセンタ長等を経て現職。
    また京都大学経営管理大学院客員教授として「100年続くベンチャーが生まれ育つ都」に向けた研究を推進する。
    最新著書に「たった一人からはじめるイノベーション入門」がある。

■会場住所

オンラインでの開催となります。