ビザスク

ビザスク

このイベントは満了です。
このイベントは終了しています。

直観から導くイノベーションーインサイトを捉えるマーケティングリサーチとはー

10月13日(火)17:00-18:10

オンライン配信(Zoom)

※受付を終了しました※

インターネットの普及により、顧客の行動データなどあらゆる情報を集めることが用意になった昨今、新規事業創出やマーケティングにおいて、ビッグデータや統計分析がもてはやされております。

一方、顧客の意見や豊富なデータに振り回されてしまい、本質的な思考が疎かになってしまう懸念や、そもそもイノベーションの元となるアイデアやビジネスインサイトは潜在的であるがため、ビッグデータや統計では捉えることは難しいともいえます。

そのため、インサイトを捉えた新規性のあるアイデア創出ために、定量的・定性的情報だけでなく、それを元に自分自身の直観を見直すことが重要となります。

今回はマーケティング論分野にて、経営学と哲学を組み合わせた思考法を研究する東京都立大学教授の水越 康介氏をお迎えし、イノベーションにつながるマーケティングリサーチの方法についてご案内します。直観を重視することにより、リサーチからどのようにしてアイデアやインサイトを捉えることができるのかをご紹介します。

※本セミナーは「Zoom」を使用したオンラインセミナーとなります。

■こんな方におすすめ

・新規事業の推進やアイデア創出に課題をお持ちの方
・従来の市場調査に課題をお持ちの方
・ビジネスにおけるイノベーション創出に興味をお持ちの方

※本セミナーの対象外の方、個人の方、ご同業の方の参加はお断りさせていただいております。
※お申し込みが定員数を達した場合、受付を終了させていただく場合がございます


■参加費用

無料

■セミナー内容

・水越 康介氏 ご講演
・Q&A

※コンテンツの詳細は変更になる可能性がございます

登壇者

  • 水越 康介氏

    東京都立大学 経済経営学部 教授

    2000年、神戸大学経営学部卒業、2005年、同大学院、経営学研究科博士後期課程修了、博士(商学)。2005年から首都大学東京(現東京都立大学)、2019年から同大学、経済経営学部教授。2012年より株式会社碩学舎取締役。専門はマーケティング、デジタル・マーケティング、方法論研究。主な著書として、『ソーシャルメディア・マーケティング』(単著、日経文庫、2018年)、『マーケティングをつかむ 新版』(共著、有斐閣、2018年)、『「本質直観」のすすめ。』(単著、東洋経済新報社、2014年)、『新しい公共・非営利のマーケティング』(共編著、碩学舎、2013年)、『ネット・リテラシー』(共著、白桃書房、2013年)など。

会場住所

オンラインでの開催となります。