ビザスク

ビザスク

このイベントは満了です。
このイベントは終了しています。

ユーザーファーストの新規事業
〜ニーズとシーズを繋げるシナリオ設計とは〜

6月16日(木)16:00~17:15

オンライン配信(Zoom)

 ←画像が入る

 

会社を成長に導いた事業もいずれは成熟化していき、新たな市場を創出していくことが必須になっています。


ユーザーから選ばれる良質な新規事業を創出する上では、ユーザーの本質的なニーズを捉えることだけでなく、自社のリソース(シーズ)を適切に活用することが重要です。


特に大企業においては、顧客基盤や土地設備などのインフラ、人的リソースなど活用できる資産があり、それらを活用していくことで他社より優位な事業創出をできる可能性があります。


しかしながら、ニーズに対して社内シーズをどのように活用すれば良いのか、事業シナリオを設計する上で実践に課題を感じている方も多いのではないでしょうか。


実際に弊社ビザスクにも、事業開発における需要性調査やシーズ探索のご相談を多くいただいております。


そこで今回は、「ユーザーファーストの新規事業 社内の資産で新たな成長の種をまく」の著者であり、パナソニック株式会社・損害保険ジャパン株式会社という大企業の中で20年以上にわたり新規事業に携わられた、

中村愼一様をお迎えし、豊富な実体験を基にお話しいただきます。


“ユーザーファースト”に基づいた思考方法とは何か、既存企業資産の強み(シーズ)をどのようにしてニーズと掛け合わせ、顧客メリットのある新規事業を創出をしてきたのか。


著書の内容をもとに、ユーザーを動かす新規事業のシナリオ設計から社内リソースの活用まで、事業成功における要諦をご講演いただきます。



新規事業や開発研究を担当されている方だけでなくキャリアアップをしたい方のためのセミナーとなっております。


ぜひご参加下さいませ。



■こんな方におすすめ
・新規事業を担当されている方
・アイデア創出やニーズの捉え方に課題感をお持ちの方
・ユーザーファーストの考え方にご関心をお持ちの方

■セミナー内容
・ご挨拶とサービスのご紹介
・中村氏ご講演
・Q&A

■参加費用
無料

※本セミナーは「Zoom」を使用したオンラインセミナーとなります。
※本セミナーの対象外の方、個人の方、ご同業の方の参加はお断りさせていただいております。
※お申し込みが定員数を達した場合、受付を終了させていただく場合がございます。
※コンテンツの詳細は変更になる場合がございます。
 

■登壇者

  • 中村 愼一氏

    「ユーザーファーストの新規事業 社内の資産で新たな成長の種をまく」著者。 損害保険ジャパン株式会社 常務執行役員

    上智大学経済学部卒業後、松下電器産業(現パナソニック)入社。ハイホー・シーアンドエー代表取締役社長などを経て、2008年に会員サイト「CLUB Panasonic」を開設。会員数1000万人、月間2億PV規模に育て顧客ロイヤルティ向上に貢献。2017年11月損害保険ジャパン日本興亜(当時)に入社し現職。新規事業の担当役員として、個人間カーシェアサービス「Anyca」、マイカーリースの「SOMPOで乗ーる」、駐車場シェア「akippa」をはじめ6件の新規事業を推進中。4年目になる2022年度は売上100億円を目指す規模へ成長を続けている。現在は新たな事業を複数計画中。

■会場住所

オンラインでの開催となります。