ビザスク

ビザスク

このイベントは満了です。
このイベントは終了しています。

日米量子コンピューティング最前線 ~あらゆる事業を変革する、QXの可能性~

3月10日(木)16:00-18:00

オンライン配信(Zoom)



昨今「量子コンピュータ」を活用した、社会や事業変革(QX:Quantum Transformation)の可能性が、世界的に注目を集めています。

米国ではGoogle・IBM・Intel・Amazon・Microsoftなど巨大IT企業の開発競争が過熱し、世界中でZapata Computingに代表されるような量子テックスタートアップが立ち上がっています。

また日本でも、住友商事の他、多数の先進企業が研究を進めています。
(例:東芝・NEC・NTT・日立製作所・富士通・三菱ケミカル・トヨタ自動車・デンソー・リクルートコミュニケーションズ・野村ホールディングス・メルカリなど)

「量子コンピュータ」とは、量子の特性を利用し、理論上は従来のコンピュータと比べ圧倒的な処理能力を実現し得る、次世代のコンピュータです。

実用化に関しては、高度な量子シミュレーションやAI、組み合わせ最適化などの観点で、あらゆる業界での活用が期待されています。
(例:渋滞の解消・工場内運搬・物流や輸送・材料開発・創薬・分散型エネルギー・通信基地局・災害時避難・M&A・デジタルマーケティング・マッチングビジネス・機械学習の高度化など)

このような状況の中、難解な仕組みをもつ量子コンピュータにつき
「実用化の現状や展望を知りたい」「グローバルな最新トレンドを把握したい」
というビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、米国大使館 商務部のご後援のもと、量子コンピューティング分野のグローバルトップランナー、佐保井 久利須氏および寺部 雅能氏をお招きします。

数々の先端テクノロジーを社会実装するスタートアップをEXITしてきたシリアルアントレプレナーで日本語も堪能な佐保井氏が創業し代表を務めるZapata Computing, Inc.は、著名な研究者を抱え、量子コンピュータ向けソフトウェア「Orquestra(オーケストラ)」を開発する、ハーバード大発のスタートアップです。

同ソフトウェアにより、量子コンピュータの試験利用・導入検討の効率的な実施が可能で、米国では石油・ガス・製薬・金融・自動車業界などのリーディングカンパニーに導入されています。

寺部氏は、住友商事におけるQXプロジェクトの代表であり、前職では自動車業界にて量子コンピューティングの社会実装プロジェクトを推進されていました。また、東北大学大学院情報科学研究科の客員准教授も務められています。

是非ご参加くださいませ。

■セミナー内容(120分)
・ビザスク ご挨拶(10分)
・米国大使館 商務部 ご挨拶(5分)
・ご講演①「量子コンピューティングの社会実装に向けた挑戦」寺部氏(20分)
・ご講演②「Zapataの量子対応ソリューション~最適化問題から化学シミュレーションまで~」佐保井氏(20分)
・ご対談「日米量子コンピューティング最前線」佐保井氏×寺部氏(30分)
・Q&A(25分)

■こんな方におすすめ
・量子コンピュータのビジネスへの活用にご関心をお持ちの方
・特に、量子コンピュータの米国最新トレンドにご関心をお持ちの方
・新規事業、海外事業、経営企画、研究開発を担当されている方

■参加費用
無料

※本セミナーは「Zoom」を使用したオンラインセミナーとなります。
※本セミナーの対象外の方、個人の方、ご同業の方の参加はお断りさせていただいております。
※お申し込みが定員数を達した場合、受付を終了させていただく場合がございます。
※コンテンツの詳細は変更になる可能性がございます

■登壇者

  • 佐保井 久利須 氏

    Ph.D, J.D.
    Zapata Computing CEO, Founder and Director

    2017年Zapata Computing設立と同時に代表取締役社長に就任。医学、生化学、コンピューターサイエンスの分野で論文を発表しており、機械学習、生物学、化学が交差する分野における研究およびビジネスに強い関心を持つ。Apple社のSiri開発に使用されたAIベースの自然言語インターフェース技術であるAAOSAの最初の発明者。日産自動車でビッグデータ解析を担当。複数のテクノロジー企業を設立し、CEOとして被買収とIPOを果たした経験を持つ。米国量子経済開発コンソーシアム(QED-C)の理事を務める。また、弁護士の資格を持ち、米国法曹協会ではビッグデータ委員会副委員長を兼任。人工知能、ビッグデータ、情報セキュリティ、データプライバシーをめぐる責任問題の法律専門家であり、これらのテーマに関する継続的な法律教育コースで講義や指導を行なっている。日本国籍を保有しており、日本語、英語、その他複数の言語に精通。

  • 寺部 雅能 氏

    住友商事株式会社 QXプロジェクト代表
    東北大学大学院情報科学研究科 客員准教授

    社会とテクノロジーの交差点に立ち、新たな価値の創出に挑戦し続ける元エンジニア・研究者。 量子コンピューティングの社会実装分野で数多くの世界初実証、社外発信・連携、知財創出、論文出版、コンソーシアム活動の経験を持つ。著書「量子コンピュータが変える未来」他。

■会場住所

オンラインでの開催となります。