ビザスク

ビザスク

DOWNLOAD

資料請求

【調査背景】
IoT・ビッグデータに代表される技術革新の進歩等を背景に、製造業ではスマートファクトリー化の実現による競争力・生産効率の向上が急務となっている。

昨今の新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の感染拡大により働き方が急変する中、こうした動きは加速するとみられる。こうした背景を受け、スマートファクトリー化推進の一助とすべく、日系企業の課題や取組状況の調査を実施した。

【調査目的】
日本企業のスマートファクトリー化への取組状況や課題を明らかにすることで、新製品や新サービスの検討材料としてご活用いただくことを目的とする。

【調査方法】
ビザスクexpert survey(サービス詳細はこちら

【調査期間】
2020/7/15(水) ~ 7/22(水)

【回答者】
ビザスクにご登録頂いているアドバイザーのうち、日系製造業で生産業務・システム開発等の業務に携わっている方(工場長、生産部門、生産技術部門、情報システム部門)

【調査項目】
•スマートファクトリー化への取組状況、背景
•施策の効果、成功を左右すると考えるポイント
•施策推進における現在の課題、対策状況
•5年後のロードマップとして目指す工場の姿
•実現にあたり協働が必要だと考える社外プレイヤー