ビザスク

ビザスク

このイベントは満了です。
このイベントは終了しています。

「はじめてのUXリサーチ」著者が教える ユーザーの本音を捉えるインタビュー活用術

3月22日(火)16:00-17:15

オンライン配信(Zoom)



サービス・プロダクトが量産される現代において、ユーザーに選ばれるサービスを開発するためには、数値からは見えないユーザーの本音を捉えることが重要です。

しかしながら、市場の変化が激しく多様性の高い時代においては、サービスをどういう人がどういう事情で使っているのか推測する難易度が上がっていることも事実です。

そこで、近年、重要視されてきたのが「UXリサーチ」です。

UXリサーチとは、さまざまな場面で起こる人の知覚や反応(UX)について、インタビュー等を用いて調べ明らかにするリサーチの手法です。UXリサーチのインタビュー手法を活用すれば、よりユーザーの声を反映させた形で開発が進められ、顧客体験の品質向上が期待できます。

一方で、何から始めれば良いのか分からない、どのように調査設計していけば良いのか分からない、また、組織的に取り組む方法がわからないといった方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、現役UXリサーチャーであり『はじめてのUXリサーチ ユーザーとともに価値あるサービスを作り続けるために』の著者である、松薗美帆様と草野孔希様(株式会社メルペイ)をお招きします。インタビューを中心としたUXリサーチの実践方法、調査設計の仕方や組織的な取組みについて、メルペイの具体事例をもとにお話いただきます。

ユーザーの本音を捉え、プロダクトやサービスに反映されたい方は、奮ってご参加ください。

■こんな方におすすめ
・UXリサーチやユーザーインタビューの手法を学びたい方
・プロダクト、サービス開発に取り組まれている方

■セミナー内容
・ご挨拶とサービスのご紹介(5分)
・松薗氏、草野氏 ご講演 (約50分)
・Q&A(約20分)

■参加費用
無料

※本セミナーは「Zoom」を使用したオンラインセミナーとなります。
※本セミナーの対象外の方、個人の方、ご同業の方の参加はお断りさせていただいております。
※お申し込みが定員数を達した場合、受付を終了させていただく場合がございます。
※コンテンツの詳細は変更になる場合がございます。

■登壇者

  • 草野 孔希氏

    株式会社メルペイ UXリサーチャー

    電気通信大学大学院修士課程修了後、通信事業会社の研究所に入社し、デザイン方法論の研究および研究知見を活用したコンサルティングに従事。同時期に社会人博士として慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科で博士後期課程を修了 博士(SDM学)。現在は事業会社にてUXリサーチを活用したサービスデザインに取り組む。著書として「はじめてのUXリサーチ」がある。

  • 松薗 美帆氏

    株式会社メルペイ UXリサーチャー

    国際基督教大学教養学部卒、文化人類学専攻。株式会社リクルートジョブズに新卒入社し、人材領域のデジタルマーケティング、プロダクトマネージャーを従事。株式会社リクルートテクノロジーズに出向し、UXリサーチチームのの立ち上げに携わる。2019年より現職。新規事業立ち上げやUXリサーチの仕組みづくりなどに取り組む。北陸先端科学技術大学院大学博士前期課程に社会人学生として在学中。著書「はじめてのUXリサーチ」。

■会場住所

オンラインでの開催となります。