ビザスク

ビザスク

このイベントは満了です。
このイベントは終了しています。

サーキュラーエコノミー実践〜オランダの事例に学ぶ新しいビジネスモデル〜

10月25日(月)16:00〜17:10

オンライン配信(Zoom)



SDGsや脱炭素社会の実現に向けた動きが世界で加速する中、各企業の気候変動対策がますます重要になっています。 現在注目を集めているのが、サーキュラーエコノミー、即ち、廃棄物を含めた全ての資源を使用し続ける仕組みを創る経済モデルです。

サーキュラーエコノミーを企業戦略に取り入れることは、環境負荷軽減だけでなく、新しいビジネスモデルの創出にも繋がります。 また、現在最も先進的な取組みを実施している国が、オランダです。

今回は、これまでオランダと日本の2拠点で200社以上の企業や関係省庁、行政機関を対象に講習会を実施し 「第35回青年版国民栄誉賞(TOYP2021)」にてグランプリを受賞された経験を持つサーキュラーエコノミー研究家の安居 昭博氏をお迎えします。
イノベーション創出に向けたサーキュラーエコノミーの実践方法を、オランダでの最新事例を交えてご案内いたします。

サステナビリティ推進に関わる方は勿論、そうした取り組みを新規事業創出に繋げる方法を模索されている方は、是非ご参加ください。

※本セミナーは「Zoom」を使用したオンラインセミナーとなります。

■こんな方におすすめ
・サーキュラーエコノミーの先進的な取組みに関心のある方
・サーキュラーエコノミーを新規事業やイノベーション創出に活用されたい方
・企業にてサステナビリティ推進に携わっている方

※本セミナーの対象外の方、個人の方、ご同業の方の参加はお断りさせていただいております。
※お申し込みが定員数を達した場合、受付を終了させていただく場合がございます


■参加費用

無料

■セミナー内容

・冒頭のご挨拶(5分)
・安居 昭博氏ご講演(45分)
・Q&A(20分)

※コンテンツの詳細は変更になる可能性がございます

■登壇者

  • 安居昭博氏

    サーキュラーエコノミー研究家 / サスティナブル・ビジネスアドバイザー / 映像クリエイター

    1988年生まれ。東京都出身。Circular Initiatives&Partners代表。世界経済フォーラム Global Future Council on Japanメンバー。ドイツ・キール大学マスタープログラム「Sustainability, Society and the Environment」卒業。2021年日本各地でのサーキュラーエコノミー実践と理論の普及が高く評価され、「青年版国民栄誉賞(TOYP2021)」にて「内閣総理大臣奨励賞(グランプリ)」受賞。

  • これまでに50を超える関係省庁・企業・自治体に向けオランダでの視察イベント、200社以上へ講演会を開催しサーキュラーエコノミーを紹介する。複数の企業へアドバイザー・外部顧問として参画。「トニーズ・チョコロンリー (Tony's Chocolonely)」を初めとしたオランダ企業の日本進出プロジェクトにも参画し、日本とヨーロッパ間でのサーキュラーエコノミー分野の橋渡し役を務める。2019年日経ビジネススクール x ETIC『SDGs時代の新規事業&起業力養成講座 ~資源循環から考えるサスティナブルなまちづくり~』講師。「サステナアワード2020」にて「環境省環境経済課長賞」を受賞。著書に『サーキュラーエコノミー実践 ─オランダに探るビジネスモデル』(学芸出版社)

■会場住所

オンラインでの開催となります。