ビザスク

ビザスク

このイベントは満了です。
このイベントは終了しています。

データドリブンイノベーションの実践
ーデータを活かす事業と組織の創り方ー

6月3日(木)16:00-17:10

オンライン配信(Zoom)

GAFAをはじめとするデジタル活用が得意な大規模プラットフォーマーが他の産業に参入を始めたことをきっかけに、この数年で日本でも多くの企業が経営全般でのデータ活用に取り組み始めました。特に、DXの推進など新規事業創出においてビッグデータやAIなどのテクノロジーを活用することの価値は高まっているといえます。

しかし、多くの企業において十分な結果が出ていない状況であり、具体的にどのようにデータ駆動型の事業創出を行っていけば良いのか。また、会社や組織としてデータを上手く活用するためには組織をどのように変えなければならないのかなど、実践を行う上で様々な課題があります。

今回は株式会社フジクラ 新規事業推進センター 上席、フジクラ健康社会研究所 ビジネストランスフォーメーション室 室長であり、武蔵野大学 データサイエンス学部にて客員教授を務められる塚本幸一郎氏をお迎えし、これからの企業に求められるデータドリブンイノベーションの実践方法についてご案内します。

統計学・金融工学・クレジットスコア・行動経済学等の専門性に裏付けされた方法論を幅広い業界で実績を行われてきた経験を元にお話しいただきますので、是非、ご参加ください。

※本セミナーは「Zoom」を使用したオンラインセミナーとなります。

■こんな方におすすめ

・DX推進に課題を抱えている方
・DX推進の事例を聞き、社内に展開したいと考えている方
・データを活用した事業創出を検討している方

※本セミナーの対象外の方、個人の方、ご同業の方の参加はお断りさせていただいております。
※お申し込みが定員数を達した場合、受付を終了させていただく場合がございます


■参加費用

無料

■セミナー内容

・塚本 幸一郎氏 ご講演
・Q&A

※コンテンツの詳細は変更になる可能性がございます

■登壇者

  • 塚本 幸一郎氏

    株式会社フジクラ 新規事業推進センター 上席
    フジクラ健康社会研究所 ビジネストランスフォーメーション室 室長

    ソフトバンク在籍後、SAS Institute Japan・米FICO・セールスフォースにてデータドリブンマーケティング、カスタマサクセス、リスクマネジメント、EBMなど数多くのテーマに沿った提案・導入に携わる。 その後、シグマクシス含め複数の外資系戦略コンサルティングファーム、電通・博報堂などで主にデータサイエンス・デザインシンキング「スタンフォード大学:d.school」に関わるオファリングに従事。東京大学医学部発ブティックファームにて最高解析責任者CAO 兼 マネージングディレクターとして、数多くの業種へBPR/OPEX/ディープラーニング/外食産業向けIoTを利用した調達業務プロセス改革/マーチャンダイジング/CRM最適化/など上流工程からデリバリーまで一気通貫で顧客課題・要件に携わる。 統計学・数理計画法・線形計画法・金融工学・クレジットスコア・行動経済学等のエキスパティーズに裏付けされた、マーケティングモデル導入に関する多くの方法論適用実績を有する。武蔵野大学 データサイエンス学部 客員教授、社会的健康戦略研究所 運営メンバーその他多数。

■会場住所

オンラインでの開催となります。