ビザスク

ビザスク

このイベントは満了です。
このイベントは終了しています。

先進企業100社の事例から予測!
医療・ヘルスケア業界のデジタルトレンド2022

11月18日(木)16:30-17:45

オンライン配信(Zoom)



近年、医療・ヘルスケア業界では、AI・IoT・遠隔医療・医療用アプリやサービス等、テクノロジーを活用した医療への転換点を迎えており「医療4.0」とも呼ばれています。

新型コロナウイルスの流行を経て、デジタル化はますます加速しており、医療・ヘルスケアの未来を見据えた新たなビジネスモデルが多数創出されています。

本セミナーでは、大手企業からスタートアップまで、先進企業100社のビジネス事例をもとにした、2022年以降のヘルステックトレンドについて、アイリス株式会社 共同創業者・取締役副社長CSO、医師 加藤 浩晃先生にお話いただきます。

加藤先生は、複数の医系大学の教員、厚生労働省医療ベンチャー支援(MEDISO)アドバイザー、経済産業省Healthcare Innovation Hubアドバイザー、日本眼科学会次世代医療(AI、ビッグデータ、遠隔医療)戦略会議委員、日本遠隔学会運営委員・分科会長、日本医療ベンチャー協会理事を務められています。

また、「医療4.0」「デジタルヘルストレンド2021」等40冊以上の著書、「月刊事業構想」での「ヘルスケアの新戦略」の連載、ご講演やSNS等、様々なメディアにて情報発信されています。

医療・ヘルスケア業界のトレンドについてご関心をお持ちの方は必見の内容ですので、是非ご参加くださいませ。

■デジタルトレンド例
・オンライン診療
・治療用アプリ
・パーソナルヘルスレコード
・AI医療機器
・バーチャル知見
・薬局DX
・ウェアラブルデバイス等

■こんな方におすすめ
・新規事業を検討・推進されており、医療・ヘルスケア領域にご関心をお持ちの方
・医療・ヘルスケア領域に携わっており、デジタルトレンドに関心をお持ちの方

※本セミナーは「Zoom」を使用したオンラインセミナーとなります。

※本セミナーの対象外の方、個人の方、ご同業の方の参加はお断りさせていただいております。
※お申し込みが定員数を達した場合、受付を終了させていただく場合がございます


■参加費用
無料

■セミナー内容
・冒頭のご挨拶
・加藤 浩晃先生ご講演
・Q&A

※コンテンツの詳細は変更になる可能性がございます

■登壇者

  • 加藤 浩晃 先生

    アイリス株式会社 共同創業者・取締役副社長CSO、医師

    医師、一橋大学MBA。専門は遠隔医療、AIなどデジタルヘルス。眼科専門医として1500件以上の手術を執刀、手術器具や遠隔医療サービスを開発。2016年厚生労働省に入省し、医政局室長補佐として医療ベンチャー政策立案などに従事。退職後、オンライン診療や治療用アプリなど数多くの事業開発を行いながら2017年にアイリス株式会社を共同創業。複数の医系大学で教員を務めるほか、厚生労働省医療ベンチャー支援(MEDISO)アドバイザー、経済産業省Healthcare Innovation Hubアドバイザー、上場企業の社外取締役など。著書は『医療4.0』など40冊以上。「医療現場」「医療制度」「ビジネス」の3領域を横断的に理解し、ヘルステック領域の事業開発や支援を行っている。

■会場住所

オンラインでの開催となります。