ビザスク

ビザスク

DOWNLOAD

資料請求

【調査背景】
近年、廃棄プラスチック問題(廃プラ問題)が深刻化 してきている。これらが深刻な海洋汚染に繋がる事を 受け、短期・中長期共に政府・日本企業・NGO・地 方自治体の有機的な連携が求めらている。国内企業 において「脱プラスチック」にどのような取組が行わ れているか、今後の方針について意識調査を行った。

【調査目的】
脱プラスチック問題に対する日本企業の取組内容や課題を明らかにすることで、新製品や新サービスの検討材料としてご活用いただくことを目的とする。

【調査方法】
ビザスク エキスパートサーベイ(サービス詳細はこちら

【調査期間】
2020/4/10(金) ~ 4/20(月)

【回答者】
ビザスクにご登録頂いているアドバイザーのうち、日 系事業会社にて脱プラスチックへの取組または検討経 験のある方 (CSR、ブランディング、経営企画など を中心にそれ以外の職種からも回答を収集)

【調査項目】
• 脱プラスチックに対する現在の取組状況
• 脱プラスチック化を進める上で検討している製品・領域と具体的な取組
• 上記の取組の推進にあたり直面している課題
• 脱プラスチック化を進める上で直接接するユーザーに起こりうる影響
• 「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」の実現に向けた今後の取組内容
• 中長期の取組に対して必要だと思う変革