ビザスク

ビザスク

DOWNLOAD

資料請求

【調査背景】
各産業での先端技術活用への関心が高まっている。今回は素材化学・エレクトロニクス産業のR&D領域を中心に活用が検討されている<デジタルトランスフォーメーション>に対する取組み状況や、近年、中でも注目を集めている「MI(マテリアルズ・インフォマティクス)」に対するフォーカスし、日系企業の課題、今後の展望に関する調査を実施した。

【調査目的】
R&D領域におけるデジタルトランスフォーメーションに関する取組状況・直面している課題を抽出することで、同領域への新事業開発を検討を行う方への調査材料としてご活用いただく。

【調査方法】
ビザスクexpert survey(サービス詳細はこちら

【調査期間】
2020/6/12(金) ~ 6/22(月)

【回答者】
ビザスクにご登録頂いているアドバイザーより、国内製造業でR&D領域におけるDX化の取組または検討経験のある方(研究開発部門、経営企画を中心に回答を収集)

【調査項目】
・DX化への現在の取組状況
・DX化推進における短期目標(2~3年)、長期目標(5~10年)、足元で必要とする取組
・上記目標達成のために克服すべき課題、その理由
・MI(マテリアルズ・インフォマティクス)への現在の取組状況
・材料メーカーがMI活用をビジネスとして成功させるための必要要件、克服すべき課題
・DX化に対する投資意向、その理由
・R&D領域におけるMI標準化がもたらす所属業界への影響