ビザスク

ビザスク

DOWNLOAD

資料請求

消費者ニーズの多様化から競合企業の台頭、技術革新など市場環境は常に変化しているこの時代において、事業の短命化は進み、既存事業に依存し続けることは事業の縮小や企業の売上減少にもつながりかねません。新規事業創出は企業が今後存続していく上でも、必要不可欠となりました。

しかし、いざ新規事業開発に取り組もうとしても社内にノウハウがなかったり、事業アイデアが見つけられなかったりと、新規事業の担当者が抱える問題は多岐に渡るという声をよく聞きます。

本資料では新規事業開発に取り組む企業の事例なども踏まえて、新規事業の担当者が企画立案の初期段階で気をつけるべきポイントをお伝えします。

こんな方におすすめ

・新規事業の企画にこれから取り組む
・顧客起点の新規事業の取り組み方を知りたい
・企画立案のヒントになるものを見つけたい