ビザスク

ビザスク

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社

新規事業の仮説検証フェーズで活用。ターゲットをピボットした2回合計9名へのスポットコンサルで、新たな糸口が見えた。

  • ビザスクinterview
  • 製造・メーカー
  • 新規事業

インタビューにご協力いただいた方

ソリューション開発本部 ライティング開発センター

(右)部長 野呂 浩史様 (左)提案チーム リーダー 秋山 博紀様

まずは、NEWライティング創出プログラムの概要について教えてください。
野呂様:ライティング事業部は、様々な照明器具を取り扱っています。NEWライティング創出プログラムとは、いわゆる新規事業創出プログラムで、事業部全体からアイデアを公募し、新規事業の種を創り出す活動を推進しています。VUCA時代において、現業を続けるだけでは限界があります。
NEWライティング創出プログラムは、人起点のイノベーションによるライティング事業と従業員の持続的成長をビジョンに掲げ、2019年にスタートしたプログラムです。1年目は40件ほどの応募があり4つのテーマが採択され、最終審査会まで事業化の検討を推進いただきました。審査会の結果、残念ながら秋山のテーマは、事業化推進テーマとして選ばれなかったのですが、現在も継続してテーマの再検討に取り組んでくれています。

秋山さんのバックグラウンドと、起案したテーマの概要についてお話しいただけますか
秋山様:私は技術系の人間で、ライティング事業に関わる樹脂の開発を行っています。起案したアイデアは「彩り」に関する事業です。今ある色では表現の自在性に限界があるのではないかという課題を設定し、新しい彩り、新しい色の見え方をお客様に提供したいと考え、起案しました。

今回、スポットコンサルを活用いただいた理由をお聞かせください。
秋山様:アイデアを具体化するにあたり、誰のどのような課題を、どう解決するのか、我々なりに仮説を設定しました。その検証のために、実際に想定するターゲットとなる方々にインタビューを行いたいと考えていたところ、事務局からビザスクを紹介してもらいました。

エキスパートサーベイも検討しましたが、一人でもいいので想定しているターゲットユーザーに深く話を伺いたいと思い、スポットコンサルを利用しました。また、インタビューを通じて、このアイデアを応援してくださる方を探したいとも考えていました。

具体的にスポットコンサルをどのように活用しましたか?
秋山様:インタビューは2回合計9名の方々に、ターゲットを変えて行いました。
当初想定していたターゲットは、ネイルサロンの経営者やネイルデザインを考えるアーティストの方々です。ビザスクからはすぐに対象者を複数名ご提案していただき、そのうち3名を選定してインタビューを行いました。市場の状況やネイルデザインを考える上での困りごとなどを、詳しく伺って見えてきたのは、想定したターゲットにニーズはなさそうだということでした。

そこでピボットして、2回目はデザイナーをターゲットにインタビューを行うことにしました。一口にデザイナーと言っても、様々な領域がありますので、ビザスクに相談をして様々な角度から20名ほどをご提案していただきました。その中から、「空間の彩りを豊かにする」という我々の起案アイデア領域に近い方6名を選定し、2回目のインタビューを実施しました。設定していた仮説と異なる意見もたくさんありましたが、集約すると共通の課題が見えてきたのです。その課題が見えてきたことで、今後進む方向性の足掛かりができたと考えています。

スポットコンサルを実施した感想を聞かせてください。
秋山様:対象をずらして2回インタビューを実施することによって、顧客ターゲットがある程度明確になり、共通課題、潜在的なニーズもキャッチすることができたと思います。また、2回目のインタビューでは、課題解決に向けて一緒に考えていきたいという声も、アドバイザーの方からいただくことができました。市場のニーズを知ることだけではなく、このアイデアを応援してくださる方と出会えたことにも価値を感じています。

ビザスクを活用することで、どのようなメリットを感じましたか。
秋山様:対象者に対してスムーズにアクセスできたことに、非常に満足しています。これまで想定顧客へのヒアリングは、個人的な人脈や、社内の伝手で行っていました。しかし、友人・知人の場合は事業成功という視点で意見を聞くことは難しいですし、社内の伝手ではバイアスがかかる可能性があります。

その点、ビザスクでは社外のプロフェッショナルの方々から、親身かつ率直な意見をいただけるため、テーマ推進に役立つと感じました。また、1時間という短い時間でインタビューを行うために準備は必要ですが、我々が求める情報や意見を効率よく把握できることも良かったと思います。

インタビューの準備では、どのような工夫をされましたか。
秋山様:1時間という限られた時間であるため、インタビューの際に聞きたい内容をしっかり準備して、事前にアドバイザーの方々に送るようにしました。アドバイザーの方々も、事前に回答に対して準備をしてくださっていたため、非常に有意義な時間になりました。

NEWライティング創出プログラムの事務局としては、ビザスク活用の利点をどう感じていらっしゃいますか。

野呂様:パナソニックは大きな企業で、社内にノウハウや実績があることは確かですが、新しいことに関するニーズの有無や具体的な課題等については、お客様のところにしか答えはありません。もちろん、社内の既存チャネルから想定顧客を紹介してもらうこともできるでしょう。ただその場合、「いつ実現できるのか」と、事業化や商品化の具体的な時期までセットで聞かれることが多く、なかなかアイデア段階ではヒアリングしにくいという課題がありました。その点でも、ビザスクの存在はテーマ推進に非常に役立っていると考えています。

また、スポットコンサルを利用するにあたり、営業担当の方に社内向けにセミナーを開催していただき、インタビューのノウハウを伝授いただきました。そこで基本的なインタビュースキルを身に付けていたことも良かったと思います。

今後の方向性や目標について聞かせてください。
秋山様:スポットコンサルで見えた課題を足掛かりとして、現在は仮説検証を繰り返し実施している段階です。おそらく次のフェーズでは、モックアップを実際にお見せしながら、意見を伺うという形になると思います。このコロナ禍で、情報収集や実証実験が以前にも増して難しくなっていますが、ビザスクも活用しながらぜひ事業化を実現していきたいです。