ビザスク

ビザスク

カシオ計算機株式会社

コロナ禍で不足しがちな海外情報。経験豊かな海外アドバイザーからのリアルな知見でトレンドを把握

  • ビザスクinterview
  • 小売・消費財
  • 海外調査

インタビューにご協力いただいた方

技術本部 開発推進統轄部 プロデュース部

第一企画室 中村 あゆみ様
第二企画室 菅野 直樹様

所属されている部署のミッション、ご自身の業務概要について教えてください。

菅野様:私と中村は、開発に携わる技術本部の中でプロデュース部に所属し主に商品やサービスの企画を行なっています。私はサービス企画やUX企画を担当しています。

中村様:私は、BABY-GとG-SHOCKの女性向けのラインを担当しています。

ビザスクご利用のきっかけをお聞かせください。

菅野様:元々はビザスクのウェビナーでこのような有識者インタビューができるサービスがあることは知っていました。その後、社内の別部署で契約を開始したと知り、私たちの部署でも使ってみようと思ったのがきっかけです。

今回、海外調査を活用された背景をお聞かせください。

中村様:「G-SHOCK」は海外でも展開していて、ファッションの要素も強いブランドです。海外向けのマーケティングを検討する上で、コロナで人々のライフスタイルや価値観が変わる中ファッション業界の流行がどう変化したかを知りたいと思いました。
また現在消費の鍵となっているZ世代に向けて、海外で展開する他のブランドが、どんなことに着目し、どんな施策をやっているか、SDGsが女性向けの商品にどのように影響を与えているかを知りたいと思い今回の利用に至りました。

菅野様:以前は海外出張をし現地で店舗を視察したり有識者インタビューを実施したりしていましたが、コロナで海外出張に行けなくなり現地情報が不足しがちになりました。その不足を少しでも代替できないかという思いでビザスクを利用しました。

コロナ禍において、海外調査はどのように変化しましたか。

中村様:以前は欧米・アジアなどに海外出張に行き、実際に商品を持って現地調査していました。コロナ禍で海外出張もなくなり社外の人と話す機会がなくなりました。そのため、得られる情報量がコロナ前と比べ減ってしまいました。

スポットコンサルに関するご感想をお聞かせください。

菅野様:国内ではビザスクを利用したことがありますが、海外調査で活用するのは初めてでした。有識者候補の設定に関しては、まずはあまり絞り込まずに欧米のファッション・アパレル業界でマーケティングに携わっている方というざっくりした依頼をしました。
それにも関わらず、ビザスクで的確な方をリストアップしていただけました。その中から、ハイブランドでマーケティング経験が豊富かつ女性向け商品の知見もあるという、当社の要望にぴったり合った方を選び、インタビューを実施しました。

アドバイザーの方は、こちらから提示したアジェンダに対し詳細に準備をして臨んでくださいました。ハイブランドのマーケティング内容やSDGs関連のトピックのヒントなど、かなりボリュームもあり質の高いアドバイスをいただくことができました。事前に想定していた以上の収穫がありました。
当社側のインタビュー前の準備については、国内調査で利用したフレームワークを活用したので、スムーズに進めることができました。

ご利用いただいたメリットについてはどう感じていらっしゃいますか。

菅野様:リストアップしてもらう候補者の幅広さ、バラエティの豊富さ、スピード感、手軽さがビザスクを利用するメリットだと感じています。
従来の海外リサーチでは、有識者候補のリストアップからアポ取り、実施に至るまでの時間が非常にかかっておりました。

今回ビザスクを利用して、自分達の想像範囲外の候補者を幅広くリストアップしていただいたおかげで、自分たちでは思いつかなかったような候補者にリーチすることが出来ました。
コロナが収束した後も、第一次的な情報を集めるためにビザスクを利用し、実際に目で確かめるために現地に行く、というようにうまく使い分けたいと考えています。